品整理コラム

  • HOME
  • 遺品整理コラム
  • 終活を楽しもう!生き方を見直せるエンディングノートの書き方

終活を楽しもう!生き方を見直せるエンディングノートの書き方

エンディングノートで終活しながら自分の人生を見直せるエンディングノートの書き方をプロが解説!

エンディングノートを書く

「終活」や「エンディングノート」という言葉は一般的になってきています。

エンディングノートとは、終活の際に作成する人が多いもので、簡単にいうと、「自分に万が一のことがあった際に備えて、残される遺族に伝えるべき/伝えたいことを書き記しておくノート」といえます。

エンディングノートの一番の目的は、「家族/遺族を困らせない」ことで、エンディングノートを終活で書くことで色々なメリットがあります。

例えばエンディングノートに、自分の葬儀の希望内容を書いておけば、遺族間で葬儀の際にトラブルを避けられたり、参列してほしい友人に連絡が漏れることも避けられます。

今回は、そんなエンディングノートの書き方をご紹介していきます。

エンディングノートの書き方

有料/無料は関係なく、ネットにはエンディングノートのひな型はたくさんありますが、雛型ごとに少しずつ記入項目は違います。

自分に必要だと思う項目は追加し、いらないと思うものは削除して構いません。

内容は人それぞれですが、書き方として書いておいたほうがよい内容の例を下記に挙げましたので参考にされて下さい。

  • 自分の情報(名前/生年月日/血液型/マイナンバー/勤務先など)
  • 友人や知人の住所氏名/親戚の住所氏名
  • プラス財産(預貯金/株式/不動産/貴重品/美術品など)
  • マイナス財産(住宅ローン/マイカーローン/キャッシング/カードローンなど)
  • 保険関連(生命保険/損害保険/傷害保険/公的年金/個人年金など)
  • 自分が意思疎通が正常にできなくなり、介護が必要になった場合の対処法
  • 葬儀の形式や内容/通知先の指定/お墓
  • 遺言書のある/なし(ある場合は保管場所と、公正証書遺言か自筆証書遺言など形式を記載)
  • インターネットの有料登録サイト一覧・IDやパスワード

この他にも、知らせておきたい情報を追加できます。

例えば、ペットがいるのであれば、かかりつけ病院やペット保険の有無、ペットを自分が死んだ後、誰に面倒を見て欲しいかなど伝えるとよいでしょう。

エンディングノートの注意点

定期的に見直す

エンディングノートの書き方や内容も大事ですが、気をつける点があります。

それは、「エンディングノートと遺言書は違う」、ということです。

例えば、エンディングノートの財産項目は、情報を家族に知らせるための目的であり、法的な効力はありません。

エンディングノートに財産分与について記載して、それが家族の誰かに書き換えられても、法的に問題はないのです。

エンディングノートは希望や事実を書き残すもので、遺産や遺品の詳細な相続人や分割をどうするかを書くのであれば、エンディングノートでなく遺言状を残しましょう。

また、家族にはエンディングノートのある場所を知らせておいて迷子にならないようにし、自分の気持ちが変わったりする可能性もあるので、定期的に見直しましょう。

いかがでしたでしょうか?

終活で書かれるエンディングノートの書き方や内容についてご紹介してまいりましたが、生前整理(終活)に関することもご参考にしていただければ幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

生前整理で思い出の品も買取に出してミニマムライフを謳歌する!

老前整理は家族のためにも。子供に迷惑をかけないやり方を紹介!

老前整理や生前整理をしないと残された家族がトラブルに合うかも

生前整理をする人・しない人で老後の生活がこんなに違う!

生前整理で身の回りをすっきりさせるならライク!和歌山編

PAGETOP