品整理コラム

葬儀やお葬式に出席する人の範囲について

どの程度の付き合いの範囲まで参列するか

数珠とバッグ

葬式といっても、身内や友達、また遠縁の親戚や会社関係の方など、故人との付き合いの範囲は人それぞれ大きく違いますよね

当然、「どの程度の付き合いの範囲まで参列するのか」というのは大きな問題になってきます。

参列する/しないを決める判断基準はあくまで個人

考え方は人それぞれでが、一般的な判断基準の例として挙げると、

  • 遺族から連絡があった場合
  • 葬儀の後も関係が続くと思われる場合

 

に参列するという基準もあります。

まず、遺族が故人の葬儀の連絡をしてきたら、遺族はあなたと故人がそれだけ親しい間柄だったと考えていることになります。

あなたが故人との関係をどのように思っているか、というのは置いておいて遺族や故人のことを考え、葬式の連絡があったら参列する、という方が多い傾向にあります。

葬儀に参列

ただ、家族葬の場合で一般会葬をお断りしていないケースでは、参列したい旨をはっきり伝えない限り参列しないのがマナーになります。

また葬儀の後も故人の関係者との間柄を良好にしておきたい、と思われる場合も参列した方がよいでしょう。

お葬式に参列してもらえなかった、ということを気にされる方々も多くいるのです。

いかがでしたでしょうか?

葬儀やお葬式に出席する人の範囲についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP