品整理コラム

ご香典にピン札を入れない理由とは

ご香典にピン札を入れてはダメな理由

ピン札がダメな理由

ご香典にピン札を入れてはダメということを知っていてもそれがダメな理由まで知っている方は多くありません。

ご香典にピン札を入れるのはNGでも、結婚式等のお祝いではピン札を使うのがマナーです。

ピン札を使うには意味があり、ピン札は前もって用意しておくか銀行で交換してもらわない限りなかなか手に入りません。

なので、お祝いごとでピン札を渡すということには、

「この日を待ちわびていたよ!」

という意味が込められているのです。

こういった意味が込められたピン札をお葬式のご香典に入れると、

「心待ちにしてました!」

と思われる可能性があるのです。

お葬式でのお札は、「急なことで急いで準備した」という意味を込め、わざと古いお札を渡すようにするのがマナーです。

ピン札はわざと折り曲げる

お香典を渡す

お財布に折れたりシワが入ったお札が多いと思いますが、例えば風水が好きな人はピン札しか持っていなかったりします。

お葬式のご香典を準備する際にピン札しかなかった場合は、わざとピン札を半分に折り、折れ目を付けましょう。

綺麗なお札を香典に入れてはダメですが、逆にシミの大きすぎたりあまりに汚いお札は失礼です。

このような汚いお札はお金ではありますが、受け取った側はあまりいい気はしませんので、そのようなお金は、前もって綺麗なものと交換しておくのも気配りとマナーになります。

いかがでしたでしょうか?

ご香典に入れる札についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP