品整理コラム

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

骨壺のサイズと寸法について

遺骨を持つ男性
骨壺のサイズと寸法には違いがあります

骨壺のサイズと寸法の違いは知っておいたほうがよいので、ここではそんな骨壺の大きさについてお話しします。

「骨壺の大きさはどれぐらいだと思いますか?」

と聞かれて思い浮かぶ答えは

「性別でサイズが違う」

ではないでしょうか?

しかし1つ間違いがあります。

確かに個人個人で骨壺自体の大きさはバラバラですが、性別で分けられているのではありません。

「収める骨の量」で違うのです。

また西日本と東日本で収骨方法が異なるので、骨壺のサイズが約21㎝~15㎝違います。

東日本では全て納骨しますが、西日本では喉仏の骨を中心に人間の形にできる重要な部分だけ収骨する方法です。

このように収骨する骨の量が異なるので、骨壺の大きさも異なるのです

また、通常の納骨とは違う手元供養用の二寸程度の骨壺もあります。

骨壺の寸法ー焼き方や蓋でサイズが変わるー

葬式場

骨壺サイズの表記があっても、実際は蓋などの形で若干ですが、違いがあります。

ここでは並蓋の骨壺をご紹介します

立て蓋の骨壺は並蓋よりも少し大きくなります。

参考程度に覚えておくと役に立つでしょう。

  • 2寸(直径63㎜:高さ76㎜)
  • 2.3寸(直径70㎜:高さ86㎜)
  • 2.5寸(直径76㎜:高さ90㎜)
  • 3寸(直径94㎜:高さ110㎜)
  • 4寸(直径125㎜:高さ144㎜)
  • 5寸(直径155㎜:高さ175㎜)
  • 6寸(直径182㎜:高さ205㎜)
  • 7寸(直径217㎜:高さ255㎜)
  • 8寸(直径252㎜:290㎜)

 
骨壺は陶器なので焼き方や仕上がりでサイズが若干変わることもあります。

思っているものと異なった大きさを買わないように、できれば店頭で実際に比べてみるようにすると希望の骨壺を買うことができます。

いかがでしたでしょうか?

骨壺のサイズと寸法の違いについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP