品整理コラム

仏間とは

仏間とは何か

「仏間とは」と聞かれてもピンとはきませんよね。

いつも家にある仏間という認識で「仏間とは」なにか考えたことのある人は少ないと思います。

そこでここでは仏間についてお伝えします。

仏間とは

仏間
元々、仏間は仏壇や位牌を安置する独立した部屋のことでしたが、現代では部屋一面で仏壇を安置する仏間、掛け軸などを掛ける床の間、収納スペースを横に並べて設置した部屋を仏間と一般的に呼びます。

いろいろな仏間

まず一尺は約30㎝、半間は約90cm、一間は約180cmと覚えておきましょう。

仏間にも大きさに種類があり、半床仏間、地袋仏間、三尺(半間)仏間、六尺(一間)仏間などがあります。

半床仏間

半床仏間は、ふすま1枚分(半間)の幅で、下半分を収納に設えた仏間のことで、上置き仏壇を選ぶとよいです。

地袋仏間

地袋仏間とは、ふすま1枚分(半間)の幅で、床からの立ち上がりが約40~60㎝の地袋と呼ばれる収納がついている仏間のことで、地袋用の仏壇を選ぶとよいです。

三尺(半間)仏間

三尺(半間)仏間は、ふすま1枚分の幅の仏間で、幅約90cm、高さは170㎝のタイプが多く、現代の住宅で仏間を作る際はこのサイズがもっとも一般的です。

六尺(一間)仏間

六尺(一間)仏間は、畳み1枚分の幅(ふすま2枚分)の仏間で、土地の制約のある現代ではこの大きさの仏間はまれで、旧家の仏間のサイズと言えます。

仏間の構造

仏壇の中

仏間は10㎝程度の框の上に仏壇を乗せることが多く、仏間そのものの高さは天井までありますが、仏間前面には鴨居があり、框から鴨居までは170㎝の造りが多くなっています。

仏間の位置

鬼門(北東)や裏鬼門(南西)や家の中央には置くべきでないと言われますが、現代の住宅事情もあるので、そこまでこだわらなくてもよいでしょう。

大事なことは手を合わせる行為や、その想いです

ただ、仏壇は本尊諸仏やご先祖様を祀る大切な施設なので、トイレの近くに設置したり、仏間の真上を人が歩くことになるような場所への設置は控えましょう。

仏間の向き

和室

東から南向きがよいとされていますが、向きにこだわりすぎると日々の生活に違和感が出ることもありますし、下のような諸説あるくらいなので、「これが正解」というのはないと言えるでしょう。

南面北座説

南向きに安置し北向きに拝みます。日当たりを考えてのこととも言われますし、「君子南面ス」という言葉があるほどです。

西方浄土説

東向きに安置し西向きに拝みます

ご本尊の先に西方浄土があり、それらをともに拝む形をとります。

本山説

その宗派の本山に向かい拝む形で、自宅と本山の位置によって安置場所が変わります。

いかがでしたでしょうか?

仏間についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP