品整理コラム

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

仏式葬儀での焼香の種類

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順がよくわからないという方がいらっしゃいます。

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順を知らず恥をかく人もいらっしゃいますので、ここではその方法をご紹介します。

仏式葬儀での焼香の種類

祭壇

通夜や葬式、告別式では、参列した方の心と身体を清め、故人が安らかに眠れるように焼香をします。

焼香には

  • 立礼焼香(立って行う焼香)
  • 座礼焼香(座って行う焼香)
  • 回し焼香(粉末状の香を参列者で回す)

 
3つの種類があり、その焼香は地方や宗派でどの種類を行うかが決まります。

立礼焼香のやり方

ご焼香
立礼焼香は、参列者の席が椅子の場合に選ばれやすい方法です。

立礼焼香の手順は、

  1. 順番になったら次の人へ会釈
  2. 祭壇へ向かう
  3. 祭壇前で遺族と僧侶へ一礼
  4. 祭壇へ近づき遺影に一礼
  5. 右手の親指、人差し指、中指の三本を使い香をつまむ(数珠は左手へ移動させておく)
  6. つまんだ香を眉の間におしいただく(押し当てるそぶりをする)
  7. 左手を動かさず香を香炉にくべる
  8. 最後に遺影に合掌し冥福を祈る

 
一般的に1~7で行われますが、宗派で回数や方法が違うので参列の際は遺族に事前に確認しておきましょう。

座礼焼香のやり方

仏具

座ってする座礼焼香は畳を使用した斎場で選ばれやすい焼香です。

座礼焼香の手順は、

  1. 次に焼香される人へ会釈
  2. 祭壇まで中腰で進み座り直し、遺族、僧侶の順に一礼
  3. 遺影へ一礼
  4. 両手で体を支え膝をひきずるように移動する(膝行)
  5. 祭壇前の座布団へ正座をし焼香
  6. 焼香して合掌
  7. 向きは変えず膝をついた状態で後ろへ下がる
  8. 僧侶、遺族へ一礼後、立ち上がる
  9. 最初同様に中腰で自分の席へ

 
一般的な手順は上記になります。

回し焼香のやり方

自宅葬や法要での葬儀で選ばやすい回し焼香の手順ですが、必ず香炉は大切に扱いましょう。

回し焼香の手順は、

  1. 香炉をのせた盆がきたら前の人に会釈
  2. 盆を受り自分の膝の上へ置く
  3. 遺影へ一礼
  4. 焼香後(立礼焼香同様)、遺影へ合掌
  5. 盆を両手で次の人へ繋ぐ

 
この回し焼香での注意点は、香炉がけっこう重たいので落とさないようにすることと、次の人へ回すのに焦って雑に扱わないことです。

仏式葬式でのご焼香の代わりにも使われるお線香

香立て
通夜や法事などの式では、焼香の代わりにお線香を使用するケースもあります。

ご焼香代わりのお線香の作法は、

  1. 線香を右手に持つ
  2. 蝋燭で火をつける
  3. お線香を左手に移動させ右手で仰いで消す

 
上記の手順が一般的です。

火が消えないからと吹き消すのはマナー違反になります

火が消えたら、右手に移動させ香炉へと立てます。

本数が多いときは、1本ずつバラバラに香炉に立てます。

いかがでしたでしょうか?

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方とその手順についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP