品整理コラム

喪主を決める優先順位

喪主を決める優先順位について

喪主を決める優先順位で迷った経験がある方は多いと思います。

喪主を決める優先順位には一般的にある程度決め方があり、それに沿って行えば問題は起きにくくなります。

喪主を決める際の一般的な優先順位

葬儀

喪主は葬儀の最終決定を行う責任者として重要な役割があります。

葬儀をどのような流れにするか最終決定したり、葬儀社との段取りや、弔問客への対応など、多くの大切な役割を果たします。

では、その喪主はどいった基準で決めればよいのでしょうか?

喪主を決めるときに重視されるのは

「関わりの深さ」です。

喪主を務める方は多くの場合、故人の配偶者ですが、下記は一般的な優先順位です。

  1. 遺言で指名された人
  2. 故人の配偶者
  3. 故人の子供(男性)
  4. 故人の子供(女性)
  5. 故人の両親
  6. 個人の兄弟や姉妹
  7. ①~⑥以外の親しい人

この優先順位に従えば、常識的に間違いではありません。

遺言書が最優先される

遺言が最優先

ただ喪主の決め方は、一般的な決め方の優先順位はありますが、明確な決め方はありません。

ただ、故人の遺言があり、喪主を務めてほしい人を指名してある場合は異なり、遺言が最優先されます。

少し前は、故人の跡取りである後継者が喪主になるのが常識でしたが、この常識は今は消えつつあります。

この理由は、夫婦だけで生活する家庭が増加していることが関係し、こういった背景から、故人の配偶者が喪主を務めるケースが多くなっているのです。

血縁関係以外の方が喪主を務めるときの条件

喪主を務める条件

一般的に喪主は、故人と血縁関係のある方になります。

血縁関係以外の方が喪主を務める際の条件ですが、色々な事情で身寄りのない方などのケースがあります。

こういたケースでは、誰が喪主をすればよいのでしょう?

それは、故人と親しかった人か介護施設の代表者になります。

この場合とは違いますが、故人が未成年であるケースは、両親や兄弟姉妹が喪主を務めることが多くなります。

伝統的な決め方や優先順位では該当しない事例が増加している現代、様々な形に対応しなければいけませんが、迷ったら「故人ならどうして欲しいか」を考えると答えがみつかりやすくなりますよ。

いかがでしたでしょうか?

喪主を決める優先順位についてご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

葬儀やお葬式に出席する人の範囲について

公営火葬場と民営火葬場の違いや平均費用、注意点や葬祭扶助

PAGETOP