品整理コラム

喪主と施主の仕事の違いについて

喪主と施主の役割の違い

ご霊前
喪主と施主の役割の違いを知っている人は多くありません。

同じと勘違いされている方も多いのですが、厳密には似ているようで違います。

自分でお葬式を行う際に喪主が施主を任されるケースが多いので、多くの方が施主と喪主が同じだと勘違いされるのです。

まず、喪主は遺族を代表し弔う役なので基本的に葬儀社の打ち合わせや、参列者への挨拶、出棺時の挨拶などのお葬式での役割が中心になります。

施主はサポート役

施主には「布施する主」という意味があり、基本的にお葬式に必要な費用を負担し、喪主のサポート的な役割になります。

このように役割にそれぞれ違いがあるのです。

運営の代表がメインの喪主

涙をふく喪主
主に運営の代表がメインですが、誰が務めなければならないという決まりはありません。

一般的には喪主は血縁関係で決める事が多く、故人にもっとも近い人間が務める傾向にあります。

反対に施主は葬儀の実務的な代表になるので血縁関係は関係ありません

当主が務めるケースが多いですが、現在は喪主が費用を負担するパターンが増加しているので、喪主と施主を兼任することが一般的です。

施主は供花の順番とお礼状の準備も行う

花祭壇
喪主と施主を務める際に供花を出すべきか迷う方が多くいます。

地域での違いもありますが基本的には「親族一同」「施主」として供花を出すこともあります。

地域の風習がわからない場合は、葬儀社へ相談すると良いです

供花の順番を決定するのは、施主の大切な役割の1つで、供花は基本的に祭壇の両脇へお供えしますが、どの順番で並べたらよいかわからない方も多くいます。

主流なのは血縁関係の近い順番で、祭壇を挟み、右から左へと配置していく並べ方ですが、迷ったら親族や年長者に尋ねましょう。

また供花をいただいたら、後日お礼状が必要ですのでどの人からもらったか忘れずにメモしましょう。

いかがでしたでしょうか?

喪主と施主の仕事の役割の違いについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP