品整理コラム

  • HOME
  • 遺品整理コラム
  • 直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

直葬(火葬式)でも納骨できる方法

直葬(火葬式)の場合でも納骨できるケースがあることを知らず、最初からあきらめてしまう方が多くいらっしゃいます。

直葬は遺族の費用面での負担や準備の手間が少ないのでメリットが多いように感じますが、デメリットとして納骨を断られるケースがあるのが原因です。

「納骨を断られるから」と不安になってお通夜や告別式をする遺族もいます。

直葬(火葬式)で納骨を可能にするには

納骨の準備
それでは直葬でどんな方法なら納骨を可能にできるのか基本的な3つの方法をみましょう。

  1. 戒名のみを菩提寺につけてもらう
  2. 四十九日法要をお願いする
  3. 葬儀社からお寺を紹介してもらう

 

このうちのいずれかの方法で納骨できる可能性が上がります。

直葬の場合は葬儀社を頼りにしよう!

墓前
直葬で菩提寺へ納骨できない場合は、葬儀社からお寺を紹介してもらう方法ですが、この方法は納骨する場所を決める必要があります

予算が少しいりますが、直葬でも納骨を受け入れてくれる墓地を見つけることができるでしょう。

また菩提寺に納骨ではなく「永代供養」という方法もあり、葬儀社のプランにある「直葬+納骨」がセットになった内容を選ぶのもよいです。

この場合の納骨は葬儀社と古い付き合いのお寺や墓地へ永代供養を任せるもので、この方法なら直葬から納骨までスムーズになり、遺族の負担はかなり減ります。

どの方法を選択するにしてもまずは葬儀社に相談しましょう

直葬プランの内容や費用は葬儀社ごとに違うので複数社から見積もりをとって比べるようにすることも大切です。

いかがでしたでしょうか?

直葬(火葬式)でも納骨する方法をご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP