品整理コラム

遺体を自宅で発見した時にどうすべきかプロが教えます!

遺体を自宅で発見した時の行動

遺体を自宅でもし発見したらどうすればよいのでしょうか

遺体が自宅で発見されることが現代増えていますが、あまりのことにショックでどうすればよいかわからずパニックになってしまう人が多くいます。

そこでここでは遺体を自宅で発見したときにどうすればよいかお伝えします。

自宅で遺体を発見したときにするべきこと

敷かれた布団

日本人の70%は病院で亡くなりますが、残りの30%は自宅で息を引き取ります

自宅で家族や知人が死亡しているのを発見した際は、どのような手続きをすればよいのでしょう。

まずは救急車

病院などの施設以外で死亡しているのを発見したら、まずは救急車をすぐに呼びましょう。

これは、遺体が自宅でも、自宅で死亡したという証明手段がないので、後々トラブルになる危険があるからです。

救急車が到着したら、病院に搬送するか、蘇生が無理だという判断になれば、警察が調査にきます。

警察は現場を検証し、問題がなければ(事件性がなければ)そのまま帰り、救急隊員も警察もそれ以上のことはしません。

自宅での死亡確認ができても、一度病院へ行かなければならない

病院の廊下

自宅で死亡していても、病院で死亡確認が必要です。

これは、どんな状況でも、死亡届を提出するには死亡診断書がいるからです。

死亡診断書は医師しか基本的に発行できないので多くの場合、病院へ搬送され、医師が死亡宣告した後に、葬儀社へ連絡をとって葬式の手配をします。

この際に、病院と連携している葬儀社を紹介されるケース場合もありますが、その多くは、普通の葬儀社より費用が高いことが多いので自分で探したほうが良いといえます。

葬儀社に連絡した後の流れ

葬儀社へ葬式をお願いして、話が通れば、葬儀社がすぐにやってきて、遺体を霊安室や自宅で安置します。

遺体の安置が終わったら、葬儀社と打ち合わせをし、どのような葬儀にするのか、予算や参列者数など細かい内容を詰めていきます。

数珠

自宅で亡くなった人を発見した際に、一番大事なポイントは救急車を呼ぶことです。

遺体や周りのものに手を触れたり、いじったりせず現場をできるだけそのまま保存しておきましょう。

そして、医師から死亡宣告がなされたら、葬儀社にすぐに連絡をしましょう。

この際に、たくさんの葬儀社に連絡する時間があれば希望する葬儀を行ってもらえる葬儀社を選べますが、なかなか時間的に困難でしょう。

そのような際は、自宅から近い葬儀社を選ぶと、すぐにやってきてもらえますし、手続きや話し合いもスムーズになります。

いかがでしたでしょうか?

遺体を自宅で発見した時にどうすべきかお伝えしましたが、ご遺族だけでは難しいお葬式後の遺品整理、また老前整理などのご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

香典や供花でない弔意の表し方って?

お通夜への遅刻について

離檀料の相場とトラブルについて

身内の場合の忌引き休暇日数の目安について

PAGETOP