品整理コラム

臨終の際の対応とご遺体の搬送や安置について

臨終の時の対応とご遺体の搬送・安置

臨終の際にどう対応してよいか、ご遺体の搬送や安置はどうなっているのかなど、普段経験しないことですので、どうしてよいかわからなくなりますよね。

ここでは、臨終の際(逝去直後の対応)を解説します

末期の水

末期の水

医師が臨終を告げると、末期の水を行います。

「死に水」とも呼ばれ、近親者が故人の口に水を含ませることです。

筆の先や、橋の先に巻き付けた綿や、菊の葉や樒などに水を浸して、故人の唇を湿らせます。

昔は臨終に際して行っていましたが、今は逝去直後に、または自宅などに安置してから行うこともあります。

エンゼルケア

末期の水が終わったら、看護師が死後処置(エンゼルケア)を施します。

アルコールで身体中を拭く清拭や、綿詰め、着替え、死化粧などを施します。
*施設などによって対応は異なります

死後処置が終わったご遺体は施設内にある霊安室に運ばれ、医師や看護師にお参りをしていただき、搬送車輌の到着を待つことが多くあります。

死亡診断書と死体検案書

医師から死亡診断書を受け取りますが、事故死や突然死などで警察の介入があって遺体検案を行った場合は、死亡診断書でなく、死体検案書になります。

検案は、ご自宅や警察署でされることが多く、遺体の引き渡しまでの手順はケースで違うので、警察の指示に従いましょう。

死亡診断書と死体検案書は、名前は違いますが書式は同じです。

A3サイズの右半分に医師からの死因や死亡時刻などの記入があり、左半分に遺族が故人の戸籍情報などを記入します。

役所の戸籍係に死亡届として提出すると火葬許可証が発行されます。

受取の際は、医師が記入した故人の氏名や生年月日があっているか、必ずチェックしましょう。

死亡届提出時に訂正の指示があると、後々面倒になるので注意が必要です。

ご遺体の搬送とご安置

ご安置

所定の手続きが終わると、病院や警察はできるだけ早く遺体を搬送してほしいと思います。

病院外に遺体を搬出するには、医師からの「死亡診断書」が必要で、医師から書類をもらったら遺族は遺体を搬出する必要があります。

ですので前もって、

  • どの業者に搬送をお願いするか?
  • どこに遺体を安置するか?

 

など決めておくとすぐに行動できます。

葬儀社が決まっているなら速やかに連絡します。

葬儀社はたいてい24時間365日対応してもらえますが、連絡してもすぐに来てもらえるかは分かりませんし、病院側の引き渡しにも数時間かかります。

故人の逝去をまず連絡して、希望する病院への到着時間を知らせておきましょう。

突然のことで葬儀社が決まっていないケースもあります

病院や警察には提携の葬儀社が詰めているので、そこに搬送を依頼してもよいですが、必ず搬送依頼だけである旨を明確に伝えておきましょう。

葬儀を依頼する業者は安置後に考えてもよいですし、遺体搬送を行った葬儀社が流れに任せて葬儀の打合せに入り、契約にこじつけるというのはよくある話です。

ただ、その業者が誠実で適正予算なのかなど、落ち着いて検討する必要がありますので、即決はオススメできません。

依頼をしていないのに寝台車を配車されていた場合は、きっぱりと断りましょう

ちなみに、死亡診断書または死体検案書を携行していれば、家族の自家用車で遺体搬送しても違法ではありませんが、安全面から葬儀社にお願いする方が賢明です。

葬儀社が寝台車を運行させるには、貨物運送事業の許可の中の霊柩車運送業(遺体搬送)の許可を受け、寝台車が緑ナンバーでなければならず、葬儀社が遺体搬送する際に白ナンバー車で搬送することは違反行為にあたります。

遺体の安置先は、自宅か斎場などの安置所のどちらかがほとんどです。

ご自宅への安置

自宅安置

自宅安置したい場合、どうしても近所の人にみられる可能性があります。

ただ、家族葬などで他人に知られずに葬儀を行いたいケースでは自宅に安置するのはオススメできません。

6畳位のスペースをできれば確保し、故人用の布団とその手前に枕飾りを設置し、お参り用の座布団を敷きます。

仏間は故人が通夜式までに休まれる大切な空間ですので、自宅に戻るまでに掃除をし、気持ちよく葬儀に臨めるようにしましょう。

また、親戚や知人からのお参りに備えて、家の中もきれいに整えておきましょう

故人の布団はできれば白系統のシーツを用意し、北枕または西枕にしますが、わからない場合は方角にこだわらなくてもよいでしょう。

また、ベッドへの安置でも構いません。

枕飾りの設置は葬儀社が準備することがほとんどです。

白木の祭壇または白布を覆ったものに三具足(花立、香炉、燭台)、りん、巻線香などを準備してもらいます。

枕団子

家族は枕飯と枕団子を準備します

枕飯は、炊きたてごはんを山盛りにして一膳箸を突き立てて供えます。

枕団子は上新粉で練って丸めて湯がいたものを6個作り供えます。

魔よけとして枕刀を故人の布団の上に置き、神棚を祀っているのであれば半紙で封じて、忌明けまで触れないようにします。

ドライアイスの手当を葬儀社が行いますが、部屋はできる限り涼しい環境がよいでしょう。

斎場や霊安施設などへの安置

祭壇

家族葬などで他人に知られたくないケースや、住宅事情で自宅に連れて帰れないケースでは、遺体安置所に一時的に預かってもらいます。

斎場や火葬場や葬儀社にこういった施設はありますが、一般的に有料なので前もって確認しておきましょう。

こういった施設は、1件1件に個室割り当てがされず、一部屋にいくつかのご遺体をまとめて預かるシステムになっており、常温安置と保冷庫安置で料金も違います。

お参りの時間に制限があったり、前もって納棺する必要があったり、条件がありますので、利用する際はよく条件を確認しましょう。

いかがでしたでしょうか?

臨終の際の対応とご遺体の搬送や安置についてご紹介してまいりましたが、お葬式後の遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の葬儀

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

PAGETOP