品整理コラム

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

神式で行われる葬儀の斎場祭とは

玉串

神式葬儀には仏式葬儀の意味がある「斎場祭」があり、斎場祭は死者を神として祀るために、死の穢れを清める儀になります。

手水の儀のあとに「修祓(しゅばつ)の儀」というお祓いを行い、祭詞奏上(さいしそうじょう)と玉串奉奠(たまぐしほうてん)があります。

斎場祭のあとに出棺祭、火葬祭、帰家祭が執り行われ、そこから仏式葬儀の精進落とし同様の意味がある直会が開かれます。

仏式葬儀との大きな違いは、神式葬儀では数珠を使用しないということです

お悔やみの言葉も、供養、冥福、成仏などの仏教では問題ない言葉でも神式では使わないといったルールがあります。

玉串奉奠の順序と、しのび手、二礼二拍手一礼

神式祭壇
玉串奉奠の順序は、

  1. 喪主に一礼後、玉串をもらう
    (玉串の受け取り方は、右手で根元を上からつまみ、左手で枝先を下からそえるようにする)
  2. 受け取った状態のまま玉串を目の高さまで上げて、おしいただく
  3. 根元が手前になるように、時計回りで90度方向を変える
  4. 左手を枝先にうつして持ち手を変える
  5. 180度水平の状態にして根元を祭壇の方へ向けて玉串を台(玉串案)へ
  6. 数歩下がり、しのび手、二例、二拍手、一礼
  7. 遺族に一礼後、席にもどる

 

神式の玉串奉奠は仏式の焼香より丁寧に行うのががポイントです。

しのび手とは「音を出さない拍手」で、弔事の際の拍手は必ずしのび手にします。

2回礼をして2回手を合わせる二礼二拍手一礼は、神式葬儀の多くで使われる作法になるので覚えておいたほうがよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナーについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP