品整理コラム

家族葬への参列の判断についてプロが解説!

家族葬への参列の判断方法

家族葬に参列してよいか判断に困る人が多くいます。

家族葬への参列の判断は、どのような内容なのか、どんな書面が届いたのかなどで変わってくるので注意が必要です。

そこでここでは家族葬と参列についてお伝えします。

家族葬への参列の判断方法について

数珠袋と数珠

家族葬は一般葬と違い参列者が限定され、故人の家族や近親者の間だけで行われることが多く、一般の会葬者を招かないことが多いです。

故人と親しかった知人や友人が参列することもありますが、これは遺族が参列をお願いするケースで、案内がないのに、家族葬に勝手に参列するのはマナー違反になります。

家族葬では身内でも参列者の範囲が違う

花祭壇

家族葬は兄弟や子供など、故人の血縁関係だけで行うケースもあれば、叔父や叔母、従妹などを含めた広い範囲を招くこともあります。

ただこれも、喪主や故人の遺志で範囲が決まるので、参列願いがきた場合だけ参列し、ない場合は参列しないようにします。

遺族から訃報の連絡や直接知らせがあった場合は、参列して大丈夫です。

訃報連絡が書面の場合の判断方法

訃報

訃報連絡が書面だった場合、文面から参列してよいか、いけないのかを判断する方法があります。

故人が亡くなったという訃報連絡の書面に

  • 「亡くなったことを伝える記載はある」「葬儀の案内がない場合」

 

は参列しないようにします。

同じように、参列辞退の希望が記載されていなくても、葬儀の案内がない場合は、参列しないのがマナーです。

勝手に判断して参列すると、遺族に迷惑をかけてしまいますので、しっかりと参列する/しない、のマナーを覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

家族葬への参列の判断についてお伝えしましたが、ご遺族だけでは難しいお葬式後の遺品整理、また老前整理などのご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

香典や供花でない弔意の表し方って?

お通夜への遅刻について

離檀料の相場とトラブルについて

身内の場合の忌引き休暇日数の目安について

PAGETOP