品整理コラム

遺影写真を入れる額のデザインの変化

時代で変わる遺影写真の額のデザイン

遺影写真を入れる額のデザインはどれも似たものと思われている方も多いのではないでしょうか。

実際、遺影写真を入れる額のデザインは、黒色に黒いリボンのものが昔から使われている一般的な額ですよね。

しかし、葬儀への風習が変わりつつある現代、多くの考え方が生まれてきています。

そこでここでは遺影写真を入れる額のデザインについてお伝えします。

好みに合わせた遺影写真用の額のデザイン

額縁

葬儀会社も、葬儀をあげる方の風習が変わってきているので、好みに合わせた額を準備するところもあります。

例えば、お葬式の後で、遺影写真をリビングや洋室で飾っても違和感のないデザインの額などがあります。

元々、黒の額を使う理由に、宗旨や宗派は関係していません。

カラー写真になったことで額もカラーに

祭壇
昔の遺影写真は白黒が多かったのですが、最近はカラーも多いですよね。

これに合わせ、白、灰色、ピンク、パープル、ブラウン、木目調など、故人が好きそうな色や、故人の顔に合う色の額を選ぶこともできます。

額についているリボンも灰色やパールを用いたものもあり、コサージュをモチーフにしたリボンも増えてきました。

そして、お葬式の最中は額の周りを生花で囲い、華やかに飾る花額が選ばれる傾向もありますが、これは、祭壇を豪華にしたいという気持ちが込められています。

最近出てきたもので、額の中に押し花を入れ、故人に花を手向けたデザインのものもあるなど、多様なデザインの額があるので、あなた好みの遺影写真を終活の一環として選ぶのもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

遺影写真を入れる額のデザインについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP