品整理コラム

お葬式に適したバックのマナーとは?

お葬式でマナー違反にならないバックを選ぼう

シンプルなバッグ

お葬式にマナー違反にならない適したバック選びに困ったことはありませんか?

お葬式は、喪に服すことが基本で、黒一色で揃えますが、バッグは単に色が黒であればマナー違反に当たらないという訳ではありません。

色が黒のバッグでも光沢があったり、少しでも華やかな柄がついたものはNGです。

お葬式にはフォーマルのシンプルなバッグを選ぶようにしましょう

柄のない黒の無地で、ファスナーや大きな金具がついていないバッグがよいです。

バックの色やデザインにマナーとしての決まりはありますが、大きさには決まりは特にありませんが、基本的には、ハンドバッグくらいの大きさがよいとされています。

子供がいて荷物が多いケースは、無地の黒のサブバックを準備して、できるだけ持ち物をスマートにしましょう。

金具は取り外すー慶弔両用バッグが便利ー

光物はNG

お葬式では「華やかさを排除」するというマナーがあります。

ブランド品をお葬式にもっていくのであれば、ブランドロゴや、華やかな柄がない落ち着いたデザインのものにしましょう。

色がついていないシンプルなロゴでも、明確にブランドと分かってしまうデザインは避けましょう。

さりげなく「あのブランドか」とわかる位のものなら大丈夫です。

また、光物は絶対に避けましょう。

光の反射は結婚式などの慶事をイメージさせ不適切だと考えられているからです。

バッグに飾りとしてついている金具もNGです。

バッグの底の鋲や内側のファスナーは暗黙の了解でマナー違反とはされません。

慶弔両用バッグは金具などの取り外しができて非常に便利です。

いかがでしたでしょうか?

お葬式でのバッグのマナーについてご紹介してまいりましたが、お葬式後の遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の葬儀

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

PAGETOP