品整理コラム

袱紗の包み方(折り方)を学ぼう

お葬式での袱紗の包み方 -折り方を間違えないように-

慶事弔事両用
袱紗(ふくさ)の包み方(折り方)をここでは見ていきましょう

まず、袱紗を平らな机の上などに広げ、開いた袱紗の真ん中より少し右にご香典袋を置きます。

次に、右を真ん中へ織り込みんで、下→上→左の順で折りたたんでいきます。

この際に、右部分がはみ出しますがそこは内側に折り込みます。

袱紗の包み方には、注意点があります

本来は、右から真ん中へ袱紗の端を折り込みますが、左から折ると、お祝いの席の包み方でマナー違反です。

折り方をしっかり確認し、正しい包み方で出しましょう。

袱紗に包んだ不祝儀袋の渡し方

香典とふくさ

お葬式で袱紗に包んだご香典の渡し方は、右手のひらにご香典を包んだ袱紗を置き、左手で袱紗を開いて渡します。

受付係から見て、のしが見える方向へ反時計回りに向きを変えて、のしの確認をしたら袱紗をたたみます。

この際に一旦受付台などにおいて、ご香典を両手で渡すとさらに丁寧な渡し方になります。

また、一般的な袱紗の手袱紗に包んで渡すケースでは若干違います

袋を受け止める出っ張りのある袱紗、台付き袱紗に包んでの渡し方は、受付で袱紗を開いて、不祝儀袋を出っ張りから外して、出っ張りの上へ不祝儀袋をのせて受付へ方向を整えます。

向きを変える際は、のしが見えるように台から滑らすようにするとよいです。

表裏で色が違う

台は表裏で色が違い、お祝いとお葬式で使用する向きを基本的に変えることが可能です。

この袱紗は、表が赤色なので結婚式、裏が緑色なのでお葬式で使います。

この際に、表裏を間違うとマナー違反ですので注意して確認をしましょう。

台付き袱紗以外の袱紗を使用する際は、台代わりに不祝儀袋のサイズに合わせて袱紗を折りたたんで、その上にのせて受付に出します。

また、金封袱紗(挟み袱紗、簡易袱紗)を使用する際も、同じような手順で袱紗の上にのせて受付に出すのが基本的な作法となります。

どの袱紗でも、両手で差し出す作法は同じです。

いかがでしたでしょうか?

袱紗(ふくさ)の包み方(折り方)についてご紹介してまいりましたが、お葬式後の遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP