品整理コラム

復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成

お葬式後の復氏届、戸籍、子供の名

書類
復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成というのは経験すること自体が少ないのでご存知ない方がほとんどではないでしょうか

ただ復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成について知っておくのと知らないのとでは、選択肢が違ってきますし、いざというときに混乱せずにすみます。

そこでここでは復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成についてお伝えします。

配偶者が亡くなったら婚姻関係は解消

記入
お葬式後の復氏届、戸籍、子供の名また、残された配偶者は、戸籍や名を継続していてもよいですが、復氏届(ふくしとどけ)を出せば旧姓に戻れます。

旧姓に戻すと、戸籍は元の戸籍に戻るケースと、筆頭者になり、新しい戸籍を作成するケースに分かれます。

手続きは本籍地または住所地の市区町村役所で行うことができ、手続きの際には、

  • 復氏届
  • 戸籍謄本
  • 印鑑

 

が必要ですが、復氏届に期限はないので配偶者が亡くなった後なら、いつでも手続きできます。

手続きは郵送でも行うこともでき、届出用紙は市区町村役所の窓口でもらえますが、手続きで復氏できるのは、配偶者本人だけになります。

子供は、復氏届とは別の手続きを行わなければなりません

新しく戸籍を作る

印鑑
新しく戸籍を作る復氏届は復氏した後の本籍を記入する欄があり、この欄で元の戸籍に戻ることを選ぶと、結婚する前の名字に自動的に戻ります。

新しい戸籍を作ることを選ぶと本籍地も自由に決められ、新しい戸籍を作っても親子関係に法律上、影響はないので、戸籍を作る前と変わりはありません。

なので、戸籍を作って親の扶養義務は残ります

この制度は実家の親族だけでなく、亡くなった配偶者の親族にも同じでで、一度復氏すると結婚後の戸籍へは二度と戻れないのでよく考えて手続きをしましょう。

いかがでしたでしょうか?

復氏届(ふくしとどけ)や新しい戸籍の作成についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP