品整理コラム

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

会葬礼状の文面のマナーー会葬礼状はお礼の気持ち

会葬礼状

会葬礼状は葬儀へ弔問してくれた方々にお礼を伝えるために渡すもので、通夜や告別式に弔問してくれた方々には「会葬御礼品」を渡しますが、礼状はこの御礼品と一緒に渡すのが基本になります。

理由があってお葬式へ参列できなかった方や、弔電、供花をいただいた方々へも会葬礼状を渡します。

会葬礼状を書く際はマナーに沿って書くようにしましょう。

  1. 天候のあいさつは省略可能
  2. 忌み言葉、重ね言葉は使用禁止
    (再三、死、しばしば、また、くれぐれも、重ね重ね、など)
  3. 黒のペンか筆ペンを使う
  4. 句読点(、。)は使わない

 

時候の挨拶や季節の挨拶の代わりに「拝啓」を使うのが一般的で、必ず黒色のペンか筆、筆ペンを使用するようにします。

①から④のルールに沿って会葬礼状を作ります。

会葬礼状を自分でオリジナルの文書でもよい

自分で作成
会葬礼状は自分で作成するか業者に頼むかで作成方法が変わります。

自分で作成するのであればオリジナルの文書、オリジナルのデザインにすることもできます。

専門業者に頼む際はそれなりの費用と時間が必要になり、またお葬式を依頼した葬儀社に会葬礼状の作成を依頼することもできます。

あなたが希望する方法でお礼の気持ちがしっかり伝わる会葬礼状を作り上げましょう

もし、自分で作るのであればテンプレートを少し触る程度にし、失礼のないように注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

会葬礼状のマナーに沿った作成法についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP