品整理コラム

お葬式でかけてもよい眼鏡とマナー

お葬式でかける眼鏡とマナー

お葬式でかける眼鏡とマナーに気が付く方は案外少なかったりします。

しかしお葬式の際の眼鏡にはマナーがあり、守らないと恥をかいてしまうこともあります。

そこでここではお葬式での眼鏡についてお伝えします。

お葬式の際の眼鏡

身だしなみの一つ

お葬式は冠婚葬祭の大切な儀式の1つなので、参列には最低限のマナーを守りましょう

眼鏡は身だしなみの一つですが、眼鏡はフレーム、デザインも大切ですが、金属フレームやプラスティックフレームなどの素材がさまざまありますよね。

参列にマナー違反にならない眼鏡は、

  1. 眼鏡が主張しすぎていない

 

似合っているかどうかも大切ですが、眼鏡の自己主張が大きすぎないのが1番の判断基準です。

  1. フレームは金属のものを

 

プラスティック素材はフレームが太く見えてしまうので、金属フレームよりカジュアルな印象になるので、フレームには金属がお葬式ではよいとされています。

  1. デザインや色は地味なものを

 

色はグレーやブラウン、シルバーなどの控え目の色にし、デザインは、丸眼鏡や真四角などは強い印象になるので、楕円形や角が丸い四角形がよいでしょう。

お葬式の眼鏡マナー

お葬式にNGな眼鏡

眼鏡のレンズに色が入っているものや、サングラスはNGです

ただ、視覚障害がある人の眼鏡レンズには色がついていますが、このケースではマナー違反にはなりません。

サングラスなど色付き眼鏡はNGですが、特例として芸能人などでサングラスがトレードマークになっている人は許されます。

またマナーを守った眼鏡でも汚れていると、残念な印象になるので、眼鏡が曇っていないか、曲がっていないかなどをチェックしましょう。

いかがでしたでしょうか?

お葬式でかけてもよい眼鏡とマナーについてお伝えしましたが、ご遺族だけでは難しいお葬式後の遺品整理、また老前整理などのご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

香典や供花でない弔意の表し方って?

お通夜への遅刻について

離檀料の相場とトラブルについて

身内の場合の忌引き休暇日数の目安について

PAGETOP