品整理コラム

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

御仏前と御霊前の違い

御仏前と御霊前の違いを知る人は少ないのではないでしょうか

御仏前と御霊前の正式な違いは、

  • 御霊前:四十九日までの不祝儀袋の表書き
  • 御仏前:四十九日以降の不祝儀袋の表書き

 
となります。

御霊前の考え方とは

表書き
仏教においては、人は亡くなると霊となって仏の元に四十九日の旅を経て到着するとされており、霊が仏の元に着くまでの旅の期間、四十九日を表書きにするのです。

御仏前の考え方とは

霊が四十九日の旅を終えて仏になる際に使う表書きで、宗派で違う場合もあるので注意しましょう。

  • 浄土真宗日蓮正宗

 

仏教でも浄土真宗日蓮正宗は霊の存在を認めておらず、先に説明した霊の旅の自体がありません。

ですので、葬儀の際には御仏前を使い、御霊前と間違わないようにしましょう。

  • 他宗派の場合

 

四十九日の法要まで霊の存在と考えるので、次の法要、百か日や一周忌までが御霊前となり、その百か日や一周忌で御仏前となります。

宗派が不明な場合や現実的な使い分け

お金の準備
宗派による正式な違いはご説明した通りですが、お葬式に参列する際に故人の宗派を調べることはなかなかしないですよね。

なので、一般的に葬儀で香典は「御霊前」の不祝儀袋を用意し、葬儀後に行われる四十九日、七七日忌、百か日、年回法要の香典には「御仏前」の不祝儀袋にします。

どうしても不安なのであれば、確認するか両方とも不祝儀袋を準備しておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

御仏前と御霊前の違いをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP