品整理コラム

墓荒らしの実態と防犯対策方法

墓荒らしとその防犯対策

墓荒らしとその防犯対策はしっかり行っていますか?

今どき墓荒らしなんてありえないと思うかもしれませんが、墓荒らしの被害は実際に起きています。

ここではそんな墓荒らしとその防犯対策についてお仕えします

金属・貴金属を狙う墓荒らし

拝む女性

有名な方のお墓でもない一般人のお墓にも墓荒らしは存在します

実際に、墓地/墓所は犯人にとって人目に付きづらい場所なので、墓荒らしの犯罪は増加しています。

金属で作られた備品を盗んで国外で売るという墓荒らしの被害が増えており、副葬品となる納骨棺(カロート)部分の貴金属や花立て、遺品の時計などが盗まれることがあります。

首都圏近郊では霊園の多くで数十件以上にもなる墓荒らし被害が起きています。

寺社など、住職や家族が同じ敷地内に住んでいたり、近隣に家を設けている場合は犯行が見つかりやすいので、大きな霊園より被害は少なくなっています。

防犯対策のしっかりとした霊園を選ぶ

管理された墓地

墓荒らしにあった霊園では、昼間は管理人が管理し目が行き届いていたことがわかっていますが、夜間は無人で防犯対策が行き届いてしませんでした。

こういった事例から、霊園選びにはまず「防犯対策」について聞いておきましょう。

また、山の近くの墓地では野生動物がお供え物を食べたり、土を掘り返すこともあります。

食べ物をお供えする際は持ち帰るようにしましょう

墓荒らしに近い犯罪

田舎の墓石

泥棒とは違いますが、お骨を納める場所に納得していない別の親族がお骨を持ち出し、別の霊園などへ移動させた事例もありました。

これは、遺骨領得罪、または、盗難罪にあたり、死体損壊罪になることもあります。

いくら納得していなくても、無断でお骨を持ち出してはなりません。

納得していない方がいるのであれば、強引に決めるのでなくよく話あって、お互いが納得できる場所に納めて、こういったトラブルを避けましょう。

いかがでしたでしょうか?

墓荒らしと防犯対策方法についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP