品整理コラム

喪主と喪主の妻のヘアスタイルのマナー

喪主と喪主の妻のヘアスタイルのマナーをプロが解説!

喪主と喪主の妻のヘアスタイルにはマナーがあります。

喪主と喪主の妻のヘアスタイルのマナーを知らずに、白い目で周りから見られてしまう方も案外多くいらっしゃいます。

そこでここではそんなヘアスタイルのマナーについてご紹介します!

喪主と、喪主の妻のヘアスタイル

妻が喪主

妻が喪主の場合

喪主を務める際は着物を着る方が多く、清楚な感じを出すのも大事なので、髪の毛は結ぶか、耳の下くらいでまとめるとよいです。

着物の場合は、流すより、まとめるほうが着物が綺麗に見えます

髪の毛をまとめるといっても、オシャレにはせず、高い位置でまとめず、耳の下くらいでまとめるのが一番です。

ピンなどで横の髪の毛を止めると清楚感がアップします。

意識するのは「飾りっ気のないヘアスタイル」という点です。

夫が喪主の場合

自分が喪主のケースは、主催者なので堂々とした印象や清楚なイメージになるヘアスタイルがよいですが、次に妻として夫を立てるヘアスタイルをご紹介します。

喪主の妻として、参列する際に便利なのは、黒のヘアアクセサリーです。

ネットリボンで髪の毛全体を覆うオシャレ用でなく、場に合ったものを選びましょう。

ネットリボンで髪の毛全体を覆うと、上品さが演出できるので、喪主の妻としてふさわしいヘアスタイルになります。

長時間になることも考えると、一般的なヘアセットよりも崩れにくいメリットがあるので、髪型の崩れを心配せずに、参列することができます。

NGなヘアスタイル

お葬式でのヘアスタイル

お葬式に合っていないヘアスタイルもあります。

お葬式で、オシャレはNGです

故人とのお別れの会という場で、自分をオシャレに見せる必要はどこにもありません。

得に、喪主はシンプルな印象にするのがベストです。

明るい髪色は飾りっ気がありNGな髪型と考えられることがあるので、避けたほうがよく、お葬式の日だけでも、ヘアスプレーで黒や濃いブラウンにしておくほうがよいでしょう。

パーマもオシャレな印象と捉えられることがあるので、美容院に行く時間がない場合は、髪をまとめて、目立たないようにしたほうがよいです。

また、前髪が長すぎないようにしましょう

これは、表情が読みづらく、故人への気持ちを表現する目的のお葬式にはふさわしくないと考えられるからです。

片方に寄せ、両目が出るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

喪主と喪主の妻のヘアスタイルのマナーについてご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

香典や供花でない弔意の表し方って?

お通夜への遅刻について

離檀料の相場とトラブルについて

身内の場合の忌引き休暇日数の目安について

PAGETOP