品整理コラム

損しない生前贈与とは。非課税枠110万円を理解しよう!

生前贈与の非課税枠110万円のメリットや注意点をプロが解説!

生前贈与とは簡単に言うと、生きている間に財産を贈与することです。

生前贈与の目的は、本来なら死んでから渡される財産を、生前にいくらか渡しておき、死後の相続財産を減らして相続税を減らすことです。

贈与税の基礎控除額は、110万円以内で、1月1日~12月31日までの1年間で110万円以内の財産を生前贈与しても非課税です。

また、これは一人につき年間で110万円までの贈与の場合で、110万円をオーバーしたら、そのオーバーした部分に贈与税が課税されます。

生前贈与と贈与税の例

生前贈与

贈与税は、一人一人に別々にかかります

例えば、父親が2人の子供に1年間で110万円贈与したとすると、基礎控除額以内なので税金はかかりません。

しかし、父親・母親の双方が子供に110万円ずつ贈与すると、その子供は220万を贈与されたことになるので、基礎控除額の110万円を引いた額に税金がかかります。

ポイントは「贈与する側一人につきでなく、贈与される側一人につき」という点です。

生前贈与で非課税枠110万円の注意点

非課税枠が110万円だから、これを20年続ければ2,200万が非課税になる、というのは通じるように感じるかもしれません。

しかし、毎年同じ時期に同じ額を贈り続けると、非課税枠の110万円だけでなく、「多額の金額を贈与することを目的としていた」と判断され、非課税でなく多額の贈与税が課せられてることもあります。

税務署側が、この贈与は始めから多額のお金を贈与することが目的だと判断してしまうのです。

そうなると、110万円×10年=1110万円から基礎控除額の110万円を引いた額に、贈与税がかかるのです。

生前贈与で非課税枠110万円を生かす方法

贈与契約書を作成

贈与契約書を作成する

贈与契約書があれば、毎年110万円ずつ贈与したことがわかります。

未成年者に財産を贈るケースでは、この贈与契約書が有利になるケースが多いです。

贈与契約書の作り方

まず、贈与者と受贈者の名前を記載し、贈与契約を交わしたことも記入します。

他に、

第一条:贈与者から受贈者に渡された金額を明示、贈与の約束とそれを受け取る承諾の旨

第二条:贈与方法

を記載し、贈与者と受贈者の双方が贈与契約書を1通ずつ保管する旨も記載します。

日付と贈与者と受贈者の、名前・住所を記し、捺印します。

未成年なので、贈与者・受贈者の親権のある方の名前も署名して、住所を記し、捺印をもらいます。

いかがでしたでしょうか?

贈与の非課税枠110万円について解説してまいりましたが、少しでもご参考にしていただければ幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP