品整理コラム

霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度は?

霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度を解説!

霊安室(遺体安置室)の利用時間には限度があります。

霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度を知らず、思った以上に短くあせってしまう方も多くいらっしゃいます。

そこでここでは霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度をご紹介します!

霊安室(遺体安置室)の利用限度は3時間まで!?

棺桶

病院で亡くなった方の遺体は、病室から霊安室(遺体安置室)に運ばれます。

霊安室は本来、「遺体を短時間安置する場所」として設けられているので、長時間の利用はできません。

長く利用できても、最高で3時間位が多いようです。

利用時間が短いので、早めに自宅や斎場へ搬出しなければなりません。

霊安室は専用の出入り口があり、人目につかないように、地下や1階に設置するなど工夫されています。

霊安室は多くのご遺体が運ばれる場所

霊安室は病院以外にも、斎場や火葬場、警察(検死を行う施設)にもあります。

病院では遺体は霊安室に運ばれますが、どのタイミングで霊安室に運ばれるのかは、病院によって違います。

また、霊安室に運ばないケースもあり、例えば、エンジェルケアが終わってすぐ、病院から斎場や自宅に運ぶ準備ができている場合です。

病院受付

また、規模の関係で霊安室がない病院もあります。

病院の霊安室(遺体安置室)は、遺体を安置する場所として設置されている部屋ですが、先の通り、長く利用できません。

次の遺体がいつ運ばれてきてもいいように、1つでも多くの空きを作らなければならないからす。

1日に多くのご遺体が霊安室へ運ばれる病院では、エンジェルケアが終わってすぐに搬出することを1番に考えます。

ですので、遺体搬出の業者が手配できていなくても、霊安室に遺体を安置する時間の限度を3時間まで、と決めている病院が多いのです。

ですので、遺族は手配を急がなければなりませんが、遺体を霊安室から出せないケースもあります。

対応している病院は少ないですが、やむ負えない事情の場合は、半日ほど霊安室を利用できる限度も設けられているケースもあります。

いかがでしたでしょうか?

霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度についてご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

檀家を辞める手続きと費用をプロが解説!

宗派別の仏壇に必要な仏具をプロが解説!

収骨で箸で拾う理由と拾い方をプロが解説!

お棺に写真は入れてよい?

霊安室(遺体安置室)の利用時間の限度は?

PAGETOP