品整理コラム

知って得する位牌の祀り方

位牌の祀り方

位牌の祀り方は知ってそうで、知らない方が案外多いのではないでしょうか

これまで家でやってきた位牌の祀り方で行っているところも多いのですが、ここではそんな位牌の祀り方や位牌についてお伝えします。

仏壇とは

仏壇
仏壇は「仏」「壇」と書き、その家の祖先も祀ります。

多くの人は大日如来や阿弥陀如来や釈迦如来などのご本尊より、実際に知っているご先祖様に手を合わせています。

火事になって仏壇は置いたままで位牌だけを持って逃げるという逸話もありますし、仏壇よりも位牌に親近感を感じるという宗教感が日本の先祖祭祀という習俗を覆っていたといえるでしょう。

本位牌は、忌明けで祀り、弔い上げで処分する

本位牌は一般的に忌明けまでに準備し、三十三年の弔い上げが終わったら、焼却処分したり、墓地に埋めたり、お寺に引き取ってもらうことが多いです。

これは、死者が個性を喪失し祖先の霊に仲間入りすると考えられているからで、実際に死者の33年後というと、死者を祭祀する子孫も亡くなっておかしくない年月が経っているので、死霊は祖霊となり、弔い上げの後は共同体の祖先の集合(氏神)になるという考え方が日本の死者供養の形態なのです。

弔い上げが終わった先祖の位牌は仏壇から消えます

これは、そうしないと先祖の位牌が仏壇の中を溢れかえるからです。

古い先祖の集合は「〇〇家先祖代々」という一回り大きい位牌にまとめたり、過去帳位牌にして祀ったりします。

位牌は仏壇の二段目に祀るようにする

仏壇は、本尊と先祖を祀る礼拝施設で、上段に本尊や諸仏、二段目に位牌を祀るようにします。

向かって右側が上座で、古い先祖の位牌から右から順に並べます。

浄土真宗は位牌を作らない

祈り
浄土真宗では位牌を原則作らず、過去帳に先祖の法名などを一括して記載し仏壇の下段に置いたり、
法名を掛軸に表記して仏壇の内側に吊るすなど、真宗特有の祀り方をします。

浄土真宗の教義では、死後、中陰の期間もなく、遺族による追善供養もいりませんが、これは阿弥陀如来に念仏を称えると誰もが救われるという一神教的な
教えからきており、他宗とは違った考えです。

位牌のあれこれ

会津位牌、京位牌、高野位牌、名古屋位牌などが位牌の主要産地です。

会津位牌

 
会津位牌は、漆産業が会津若松地方の伝統的な地場産業だったので発展し、会津の漆塗りの伝統工芸は江戸時代に花開きました。

現在でも会津位牌は評価が高く、全国の仏具店が会津位牌を取扱っています。

京位牌

京位牌は京都で製造される位牌ですが、平安京開城から江戸開城まで、1000年以上の間、日本の都だった京都では多くの伝統工芸が発達し、技術や職人が日本中から集まっていました。

また、京都には多くの宗派宗門の本山寺院があるので、宗教用具を取り扱う職人や仏具店が発展したということもあります。

京型位牌は西日本で使われることが多く、千倉座や京中台や呂門型などがあります。

高野位牌

高野位牌は和歌山で製造される位牌で、高野山は真言宗の総本山ということもあり、その周辺で宗教用具の製造が発達しました。

名古屋位牌

名古屋も古い歴史を誇り、仏具や宗教用具の製造が昔から盛んでした。

真宗門徒の多い土地柄で、金箔の生産地の金沢が近距離ということもあり、漆塗りと金箔を使用した西日本系の位牌が多く製造されています。

家具調位牌や創作位牌など

家具調
伝統的な位牌だけでなく、多様化するお仏壇に合わせたデザインの位牌が多くでてきています。

板位牌でも蒔絵や沈金などが施され高級感のある位牌や、青や緑で塗りをかけたもの、ウォールナットなど外国の木材を使った位牌、象嵌細工の位牌、クリスタル位牌など、材質やデザインの幅が広くなっています。

位牌のお手入れ

唐木位牌は乾いた布で拭き取るようにし、汚れがしつこいのであれば固く絞った布で水拭きを行い、その後に必ず乾拭きするようにします。彫刻文字に色が入っている際は、中の色が取れないようしましょう。

塗り位牌は、金箔(金粉)部分に触れると剥げてしまうので、毛払いなどで埃と取るか、黒塗りの部分だけを乾いた柔らかい布で拭く程度にします。

経年の使用で芯材が痩せてくると、台座や札板に隙間ができ、ぐらつくことがありますが、分解して薄いかまし木を差し込むと固定できます。

近くの仏具店に相談するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

位牌の祀り方などをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP