品整理コラム

香典や供花でない弔意の表し方って?

香典や供花の他の弔意の表し方を知ろう!

香典や供花以外の弔意の表し方は実にさまざまですので、それらをまとめてみました

弔問や会葬

弔問

一番の弔意の表現方法は、お葬式に参列して故人様を偲び、遺族の方とともに悲しみ、慰めて力づけることが、もっとも本質的な方法だと考えらえます。

ちなみに、故人の自宅に伺うことを「弔問」と呼び、葬儀式場に出向くことは「会葬」と呼びます。

枕花

同じお花のお供えでも、葬儀式場所にでなく、故人様のおられるご自宅にお花を送る方法もあります。

お葬式までの間、故人様の枕許にお供えするのが枕花で、ご遺族の住所を知っているのであれば、枕花を送ってもよいでしょう。

枕花の費用相場は10,000円位が多いようです

供物

お供えもの

供物とは果物や缶詰を籠にまとめたもので、最近の葬儀で見かける機会は少なくなってきましたが、今でもお供えされる方もいらっしゃいます。

供物を手配したいのであれば葬儀社に相談するとよいです。

花輪

葬儀式場所の外に並べるの花輪も最近は見る機会が少なくなりましたが、地域性で花輪を出されるところもまだあります。

公営斎場など式場によっては設置自体できない所もあるので、手配したいのであれば葬儀社に確認しましょう。

弔電

手紙箱

葬儀に参列できない方がご遺族に送る弔意を表した電報のことを弔電と呼びますが、葬儀に参列する方が送られても問題ありません。

弔電は祭壇前に奉奠され、葬儀の中で代表の数通が読まれます。

弔電は儀式に花を添えることとも言えるので、定型文でも構いませんが、故人様の思い出を自分の言葉で綴られる方ががよいでしょう。

それ以外のお供え物

この他にも、進物用のお線香や、菓子折りなどをお香典に沿えてお供えするのもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

香典や供花以外の弔意の表し方についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP