品整理コラム

2019.02.01

忌中払い(きちゅうばらい)を知ろう!

忌中払いについて

忌中払い(きちゅうばらい)と言われてもピンとこない方が多いでしょう。

忌中払いといっても宗派や地方によって呼び方が違うケースもあるので、混乱される方が多いのですが、ここではそんな忌中払いについてお伝えします。

忌中払いとは

精進料理

忌中払いとは、精進料理を四十九日の間に食べ、故人の供養をした人たちが、忌明けに精進落としで肉や魚を食べることを意味します。

肉や魚を忌中払いとして食べ、供養ばかりの生活から普段の日常に戻るというケジメの意味があります。

地方や宗派によって呼び名があり、

  • 忌中引き
  • お斎
  • 御苦労呼
  • 法宴
  • 座敷洗い
  • 忌払い

 

などがありますが、一般的な呼び名は、忌中払いとなります。

「お疲れ様」の会食と「ありがとう」の会食

魚を使った料理

昔は、四十九日の忌明けに、親族が再び集り、精進落としとして、肉や魚を使った料理を口にすることを忌中払いと呼んでいました。

しかし、現在ではお葬式でお世話になったに、御礼として食事の場を提供するのが主な目的になっていますので、忌中払いはお葬式の後すぐに行われるようになってきています

この際の忌中払いは、初七日法要と同日に行い、故人と一緒に食べ、僧侶や会葬者、参列者などお世話になった方へ感謝と御礼の気持ちから食事を提供します。

お葬式がますます簡素になる現代では、火葬後の区切りで催されることが増えています。

また、神道のお葬式では、会食は「直会」と呼ばれます。

いかがでしたでしょうか?

忌中払いについてご紹介してまいりましたが、お葬式後の遺品整理や老前整理などのご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP