品整理コラム

お棺に一緒に入れてよいものとダメなものとは?

お棺に入れてよいものとダメなもの

霊柩車
お棺に入れてよいものとダメなものと言われてもなかなかピンとこないと思いますが、まず故人のお棺の中にお入れする物を副葬品と呼びます。

副葬品の慣習は古来よりあり、有名なところでは死後にいるものとして「旅支度」があります。

白衣を着せて草履を履かせ、編み笠を被せて杖を手に持たせ、三途の川の渡し賃として六文銭を死者に持たせました。

日本の古い民俗では、へその緒や配偶者の毛髪、着物や人形を入れていたとされており、世界を見ると権力者には財宝を持たせたり、ネアンデルタール人は死者に花を手向けていたと立証されています。

現代の日本の葬儀では火葬前にお棺にお花を入れるのが慣例ですが、他にもご遺族が希望するものを棺の中に入れます。

ただ、原則的に可燃物に限ります。

式場

理由としては、

〇公害の原因になる

ビニール製品、化繊の衣類、発泡スチロール、CDなど

〇遺骨を汚してしまう

カン、ビン、ガラス製品など

〇火葬炉の故障の原因になる

テニスラケット、釣り竿、ゴルフクラブなどのカーボン製品、心臓のペースメーカーなど

〇燃えにくいもの

大きなぬいぐるみ、辞書などの書籍など

故人にさまざまなものを入れてあげたいという気持ちは遺族として当然ですが火葬場は公共施設でもありますので、ルールやマナーを守って棺に入れるものを選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

お棺の中に入れてよいものとダメなものをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP