品整理コラム

家族葬の増加割合と内容を知る!

家族葬の増加割合とその内容

家族葬の増加割合は近年大きく、内容もさまざまになっています。

家族葬の増加割合が大きいのは、内容的に小規模な葬儀を希望する方が増えているのが一番の要因です。

2番目に多く行われている家族葬

葬儀場の祭壇

全体における家族葬の割合は約32%になります

現在、もっとも多いお葬式の形は全体の42%を占める一般葬です。

参列者の数が平均30人以下の家族葬は、これにつぎ32%と2番目に多く行われる葬儀です。

火葬場などでのお別れの時間がある、通夜と告別式を省略して直葬が3番目に多く、全体の16%といわれています。

その次に、一日葬と呼ばれる初七日まで終わらせるお葬式が9%、会葬は全体の1%と極端に少なくなっています。

また、家族葬など小規模な葬儀が多いのは関東地方や近畿地方など大都市圏です

一般葬、一日葬、火葬式はその地域のしきたりに従って、どの葬儀にするのか決定されることが多く、例えば、昔からの習慣が強い地域では一般葬が選ばれる傾向にあります。

一般葬と家族葬が同じ割合なのは北海道と関東地方ですが、これらの地域は家族葬に対する考えが柔軟なので、家族葬への反対が起きにくいのです。

時代の変化と共に変わる葬儀の内容

霊柩車

今の日本では、小規模な葬儀を希望する人が増加し、家族葬を希望する方は全体の70%にもなります。

人口が減って、高齢化が進んだ未来を考えると、費用が大きくなる一般葬より、小規模で費用も小さい家族葬の人気はますます高まるでしょう。

時代の変化と共に、故人の送り方も変化し、昔は村や周りの共同体同士で送るのが一般的だったのが、土葬から火葬に変わり、住む場所も生活スタイルも変わっています。

こういった環境変化の中、誰もが周りと深くつながっているわけではなく、故人を送る際も、親しい方だけ呼ぶ家族葬の割合がどんどん伸びているのです。

いかがでしたでしょうか?

家族葬の増加割合と内容についてお伝えしましたが、ご遺族だけでは難しいお葬式後の遺品整理、また老前整理や生前整理などのご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP