品整理コラム

家族葬で連絡すべき親族の範囲と友人や職場への連絡

家族葬ではどの範囲まで連絡すべきか

家族葬

家族の定義は民法で「血族のある六親等内または配偶者、三親等内の姻族」と定められています。

血族とは血の繋がった方、姻族は結婚して親族になった人、妻から見ると夫側の父母兄弟を指します。

では家族葬ではどの範囲まで声をかければいいのでしょうか?

一般的に病院などで「今夜が山です」と告げられた場合、連絡するのは血族二等親までで、家族葬には三等親までを呼ぶのがよいとされています。

ただどこまで伝えるかは家庭で違うので、前もって誰に連絡するかはっきりさせておきましょう

また故人と親しい方に連絡する際は、家族葬は一般葬と参列客が違う葬儀なので、遺族が一人一人に連絡するのでなく、故人ともっとも仲の良かった方に一括で連絡してもらえるよう前もって頼んでもよいです。

この方法だと、万が一連絡漏れがあっても遺族の責任にはなりません。

故人の職場への連絡と会葬、香典

蝋燭

故人の勤め先の上司に

  • 葬儀の日程
  • 場所

 
を直接連絡しましょう。

会社からの参列希望者が多い際は家族葬であることを伝え、失礼のないように説明します。

その際に香典についても伝えないと、その場で断ることになりトラブルの元になることもあるので注意しましょう。

また、仕事仲間の会葬を許す場合、参列者が増えるので受付が必要になるケースもあります

その際は会社に相談をして、元々受付を用意していなかったこと、また会社から受付ができる方をお願いすることは可能かなど確認をしましょう。

いかがでしたでしょうか?

家族葬を知らせる親族や友人の範囲や故人の職場の連絡についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP