品整理コラム

家族葬での香典とお花代のマナー

御香典の代わりに贈るお花代のつつみ方

家族葬での香典やお花代にもマナーがあります

ただ、家族葬は御香典を遠慮する方が基本的に多くいますので、ここでは御香典の代わりになるお花代のつつみ方などをご紹介します。

香典に代わるお花代

お花代

宗教やその宗派で封筒の表の書き方が違ったり、注意点があります

お花代は、葬儀に参列する際に供花など生花代としての役割と、後から訃報を聞いた際に香典の代わりの役割に分かれます。

供花代としてのお花代

数珠と数珠袋

名前付きの祭壇横へ飾る生花を贈る際は、喪家や葬儀社に連絡してから手配するので依頼先にお花代を渡します。

価格は一般的に15,000円位で、包む際は不祝儀袋か無地の封筒に御花代と書きます。

封筒を豪華にすると、中身もかなりの金額が入っていると誤解されるので、使用する封筒に見合った額にします。

また、神式とキリスト教は作法が異なり、香典という考えそのものがありません。

お金を渡す際は、献花費として表に御花料と書いて渡すとよいです。

この際に、蓮の絵が描いてある封筒は、仏式専用で宗教が違うので注意しましょう

御香典の代わりに渡すお花代

ふくさ

葬儀が家族葬のケースや、友人や親せきの訃報をあとから聞いて、御香典を送りたい際は、御香典ではなく、御花代として贈ります。

  • 御花料
  • 御花代

 

と白の無地封筒に書きます。

おおまかな相場は、御香典と同じ額になります。

御香典のおおまかな相場は、

  • 両親:10万円
  • 祖父母・1万円~3万円
  • 会社関係・5千円~1万円
  • 友人や知人・5千円~1万円

 

ですが、御香典を遠慮するケースの多い家族葬で御花代を贈るときは、高額な御花代は包まないようにします

高額な御花代を渡すと、御香典返しをせずに葬儀を終わらせるつもりの遺族の方に、お返しをしなければ、と思わせてしまい慌てさせることになってしまうからです。

いかがでしたでしょうか?

家族葬での香典とお花代のマナーをご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

家族葬での香典とお花代のマナー

弔問客へのマナー・香典や香典以外の物の置き方と向きについて

家族葬の弔問や香典の断り方や文例を解説

仏壇クリーニングでこんなに美しく蘇る!買い替えよりお得!

遺言書が見つからない時、なくした時の見つけ方と対処法

PAGETOP