品整理コラム

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の葬儀

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の葬儀について

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗など名前は聞いたことがある方は多いですがその葬儀についての違いをご存知の方は多くありません。

そこでここでは臨済宗・曹洞宗・日蓮宗の葬儀についてご紹介します

臨済宗

水晶の数珠

臨済宗は中国で臨済宗を開いた臨在義玄を宗祖とし、日本に臨済宗を開いた栄西(1141~1215)が開祖の「禅宗」の一派です。

経典は「般若心経」「観音経」「坐禅和讃」などで、ご本尊は釈迦牟尼仏、総本山は妙心寺(妙心寺派/京都)、建仁寺(建仁寺派/京都)など宗派の数だけ本山が存在します。

臨済宗はもともと中国禅宗五家の一つで、中国(宋の時代)に渡った栄西が日本に持って帰り開いた宗派で、中国からの渡来僧を開山とし、宗派が多く開かれたのは臨済宗が経典に依存せず、法嗣(はっす)と呼ばれる、師匠から弟子に直接教えを伝承する方法が重んじられたからかと言われています。

ただ栄西の系譜は早くに絶えてしまい、当時曹洞宗や黄檗宗より衰退していた臨済宗を復興させたのが白隠慧鶴で、14すべての流派の中興の祖とされています。

曹洞宗が地方豪族や一般民衆に広まりましたが、臨済宗は武家政権の間で広まりました。

坐禅はもちろんのこと、臨済宗の特色は「看話禅(かんなぜん)」で、「公案(禅問答)」を重んじ、経典や文字での教えの体系化をせず、師匠と弟子が対面して直接教えていくことを良しとしています。

葬儀では引導、剃髪、授戒を行い、焼香の回数は1回で、お称えする言葉は「南無釈迦牟尼仏」です。

曹洞宗

墓地

曹洞宗は道元を開祖とする「禅宗」の一派で、よりどころの経典は「正法眼蔵」「修証義」「般若心経」「観音経」「大悲心陀羅尼」などです。

ご本尊は釈迦牟尼仏で総本山は永平寺、総持寺です。

曹洞宗の修行の坐禅が基本で、道元は「只管打坐(しかんだざ)」を説きました。

坐禅が悟りの手段ではなく、ひたすら座ることを大事とし、坐禅の姿がそのまま悟りの姿と説いています。

そして坐禅の精神で行住坐臥(歩く、住まう、座る、寝るという生活をすべて)の生活に安住し、座禅と日常生活が一つと説いています。

中国禅の流れである臨済宗とは違う点がたくさんあり、公案はせず、「正法眼蔵」を中心経典として、不立文字(文字や言葉による経典に頼らない)の教えとは違います。

臨済宗は時の権力者の信仰を獲得しましたが、曹洞宗は中央の政治権力との結び付きを望まず、地方の豪族や一般民衆に入り込んで信仰を獲得しました。

また道元はセクショナリズムを否定したので臨済宗のような分派がないというのみならず、達磨大師から始まる禅宗の流れの一派と見做されることそのものにも嫌悪感を表したといわれています。

曹洞宗の葬儀では、剃髪、引導、授戒が行われ、焼香の回数は3回で「南無釈迦牟尼仏」と唱えます。

日蓮宗

香炉

日蓮宗は日蓮を宗祖とし、よりどころの経典は「法華経」「自我偈」で、ご本尊は大曼荼羅、総本山は身延山久遠寺です。

唯一宗祖の名前を冠するのが日蓮宗で、日蓮の存在意義の大きさを推し量ることができます。

日蓮は釈迦の教えの中でも「法華経」こそが釈迦の正法だと説き、「立正安国論」をまとめ、時の権力者にこれを直接渡しました。

相次ぐ災害は正法の法華経を信じず邪教の浄土宗などを信じているのが理由だと説き、浄土宗信者から襲われ北条時頼からも政治批判とされて伊豆に流罪されます。

しかし弾圧や迫害にめげず生涯で400以上の著作を残し、3回の国家陳暁(弾圧や迫害を恐れず権力者に率直に意見すること)しました。

こうした日蓮の熱烈な教えと布教が多くの弟子や信者を得るきっかけになります。

日蓮宗の教えは、釈迦の正しい教えである「法華経」を理解して実践することとし、その功徳は「南無妙法蓮華経」の七字にこめられているとして、この題目を唱えることを一番大事な修行としています。

日蓮宗の葬儀の本義は霊山浄土に死者を導くことなので、まず勧請(霊山浄土に在す諸仏諸尊をお迎えする儀式)をし、養の読経、引導、法号(死者に授ける名。日蓮宗では「戒名」ではなく「法号」と呼ぶ)を授ける形になります。

焼香回数は3回で、唱える言葉は「南無妙法蓮華経」です。

いかがでしたでしょうか?

臨済宗・曹洞宗・日蓮宗とその葬儀についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏壇のリフォームやリメイク

祥月命日ー命日と年忌

遺影写真を入れる額のデザインの変化

仏間とは

知って得する位牌の祀り方

PAGETOP