品整理コラム

香典を出す範囲と香典額について

香典を出す人の範囲やその香典額

香典を出す人の範囲やその香典額というのは社会人なら、絶対的に遭遇して悩むことです。

香典を出す人の範囲やその香典額は一般的に、これといった線引きがはありません。

勤務している会社の習慣や、社員でみんな一緒にまとめてなど、そういったルールがあれば、その通りにすればよいですが、それに当てはまらないケースをいくつかみてみましょう。

会社の同僚の親が亡くなったケース

香典を包む

同僚の親や配偶者、お子様が亡くなった場合、香典を包むとよいです。

香典額は3,000~5,000円程度が妥当で、その同僚から間を挟まない家族のケース、

  • 同僚→親
  • 同僚→子供

 
といったつながりの範囲と考えればよいです。

会社の同僚の祖父母や、配偶者の親御さんのケース

会社の同僚でも、その祖父母や配偶者の親御さんといった場合は、お悔やみを申し上げるに留め、一般的には香典は渡しません。

先の同僚の親やお子さんのケースとは違い、

  • 同僚→親→祖父母
  • 同僚→配偶者→その親

 
と、間を挟む人がいる場合と考えられます。

香典を包む範囲を分ける理由

お葬式

先のケースでも、渡した方がよいと考える方も多いでしょう。

ただ、香典を渡してしまうと、立場が逆になったケースで自分がもらう立場になり、お互いのやり取りになります。

これに問題はないですが、会社といった人数が多い組織では、やり取りが多い分、双方の負担が増えるのです。

なので、

  • 間を挟まない直の家族の方までが香典を渡す範囲

 
にすることが多いのです。

ただ、これはあくまで例なので、会社次第では間を挟んでも香典を包むこともあります。

迷ったら、周りに意見を聞いて合わせるようにしましょう

いかがでしたでしょうか?

香典を出す範囲と香典額についてご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

葬儀やお葬式に出席する人の範囲について

公営火葬場と民営火葬場の違いや平均費用、注意点や葬祭扶助

PAGETOP