品整理コラム

お通夜への遅刻について

お通夜に遅刻はOK?NG?

お通夜に遅刻する際は、21時位までは諦めずに行きましょう

お通夜への遅刻自体は、お通夜が18~19時開始が多いので仕事が間に合わない人も多くいます。

お通夜は基本的に30分以内の遅刻であれば、焼香には間に合います。

会場に到着したら、まずは葬儀社の方に声をかけましょう。

30分以上遅刻する場合でも、諦めずに駆け付けるようにしましょう。

香典

焼香は終わっている可能性が高いですが、遺族の方は斎場にいるでしょうから、声を一言かけましょう。

遺族は遅刻しても故人を思って駆けつけてくれる人がいるとわかるだけでも嬉しいのです。

遅刻したことへのお詫びをし、お焼香をしましょう。

ただ「忙しい中、駆け付けてくれた」というのは、嬉しさも大きいですが、あまり遅い時間に行くのは避けましょう。

遺族は故人の葬儀の準備や、参列者への気配りで疲れていますので、遅刻して到着が21時以降になるのであれば、お通夜への参列でなく、お葬式、告別式に参列しましょう。

参列が困難であれば、後日、自宅へ訪問すると印象が良いです。

前の日にお通夜があることがわかっている場合

喪服準備

前の日にお通夜があることがわかっているのであれば、喪服や香典を準備して、当日は上司や同僚にお通夜があるので早く帰る旨を伝えておきましょう。

人が亡くなるタイミングは予測が困難なので、もしものお通夜が心配なのであれば、会社のロッカーなどにお葬式グッズを用意しておけば、急なお通夜でも慌てずに対応ができます。

お通夜とお葬式の参列

黒パンプス

平日にお葬式や告別式が行われることが多いので、時間の都合がつかない人も多くいます。

その場合、お葬式や告別式への参列はせず、お通夜に参列するという参列法が主流になりつつあります。

いかがでしたでしょうか?

お通夜への遅刻についてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP