品整理コラム

枕団子の由来や地域での数の違いとは?

枕団子について

並べた枕団子

枕団子とは仏教の祖であるお釈迦様が悟りの世界へ旅立つ際に、菩薩(ぼさつ)が香飯を渡そうとしたのに、旅立つ前のお釈迦様の釈尊(しゃくそん)はそれ拒否し、食べなかったとされています。

そこで菩薩がお釈迦様が亡くなった後に、お釈迦様に団子をお供えしたというところからの由来とされています。

地域によっては人が亡くなった後、善光寺に向かうのに途中のお弁当として枕団子や枕飯を持たせたという説もあります。

一般的に枕団子は6つ準備され、「地獄」「餓鬼」「畜生」「修羅」「人間」「天井」の6つで「六道」と呼ばれ、六世界を渡るシンボルとされています。

十三佛(13個)~四十九日分の49個準備する地域もあります。

地域と枕団子の数

枕団子を作る

故人が亡くなった当日から枕団子を作るのが一般的ですが通夜の日に皆で作る地域もあります

これは枕飯も同で、火葬日まで毎日新鮮なものをお供えできるように、作りかえ、前日までの枕飯と枕団子は半紙などにくるんで棺に入れて浄土へ持ってもらいます。

枕団子や枕飯で使用したお茶碗

枕飯

枕団子や枕飯で使用たお茶碗は使用後に割るのが一般的で、割る行為には死者との決別という意味があり、遺族が亡くなったことを悟るための風習でもあります。

使用するお皿やお茶碗は最後に割るので、故人が使用していた物でも割って大丈夫なもの選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

枕団子の由来と地域による数の違いなどをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏教(仏式)の礼拝の仕方について

家族葬のお布施の内訳の具体例

お棺に一緒に入れてよいものとダメなものとは?

花輪を使わなくなった理由

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

PAGETOP