品整理コラム

訃報の際の対応やお悔やみの言葉の例と注意点

訃報が来た時

ふくさと数珠
訃報が来た際の対応やお悔やみの言葉で戸惑われる方が多くいらっしゃいます

訃報が届いた時の反応は、故人との関わりや繋がりで違いますが親族や仲の良い友人なら、すぐに弔問に向かうほうが良いです。

弔問へ行った際は、玄関先でまず遺族へお悔やみの言葉を伝え、深いお辞儀をします

故人との関係で違うお悔やみの言葉の注意点と例

香典袋

  • 故人とそんなに関係が深くない。

 

このケースの弔問は玄関先でお悔やみを伝えるだけにして、後日、通夜や告別式のどちらかに参列しますが、故人が会社の関係者なら会社の方針に沿うようにします。

  • お悔やみを伝える際の注意点

 

お悔やみの言葉は、完結に短くするのが一般的ですが、これはお悔やみの言葉は「故人の死を悼み、遺族への慰め」の意味があるからです。

スムーズに言葉が選択できないのであれば「この度は、御愁傷様です」という一言でもよいです。

  • 多く使われるお悔やみの言葉の例

 

「この度は、誠に御愁傷様でございます」
「心より、お悔やみ申し上げます」
「この度は、本当に残念でなりません」
「ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように」

こういった言葉を多く使用するので覚えておくと便利です。

遺族のお手伝い

手を合わせる
お悔やみの言葉を伝えたあと「手伝えることはありますか?」と一言遺族に聞くようにし、手伝うことがなければ「通夜の時に、また来ます」と伝えて、一旦帰宅しましょう。

この際に、故人と親しい間柄なら他の知人や友人への連絡係を引き受けます。

どうしても通夜、葬儀に参列できないなら、代理人にお願いをするか、葬儀の前日までに弔電をして後日弔問に行くようにします。

病気や遠方といった理由で弔問ができない場合は、お悔やみの手紙と御香典を郵送するようにします。

いかがでしたでしょうか?

訃報が来た時の対応とお悔やみの言葉の例と注意点をご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

訃報の際の対応やお悔やみの言葉の例と注意点

納骨や収骨をしない場合

お葬式に適した男性のヘアスタイルを知ろう!

西日本と東日本の習慣差による収骨と納骨の違い

枕団子の由来や地域での数の違いとは?

PAGETOP