品整理コラム

納骨式はいつするの?

納骨(埋葬)は昔は葬儀の当日に行った

納骨式はいつ行うのかと言われてもピンとこない人の方が多いですよね。

納骨式はいつ行うのか、という前に今の日本では99.9%が火葬で遺体を処理し、これは世界中でもっとも高い普及率を誇ります。

火葬は公衆衛生や供養の合理性の面から評価され、世界でも火葬の普及が広まる国も多いようです

しかし日本でも、ここまで火葬が普及したのは最近ですし、近代化した後も日本でも土葬が広く取り入れられていました。

その当時のお葬式は、

自宅で葬儀→埋葬地への葬列→埋葬

と当日埋葬が当たり前でした。

今でも火葬当日にお墓に納骨するケースはあり、寺院の考え方や地域性によるものもありますが、火葬後にお寺で初七日法要を行い、墓地で埋葬するという流れもあります。

お墓を持つ家は四十九日が多いのか?

納骨の儀式
埋葬するお墓がある家では四十九日の忌明け法要を終えてから、墓地で納骨式を行うことが多いようです。

火葬後は自宅の祭壇に安置しますが、四十九日を一つの区切りととらえているのです。

仏教的に、四十九日は閻魔王の裁きを受け死者が次の転生する世界が決定されるとされ、日本の先祖供養的にも荒魂(死霊)として家族や共同体にとって畏怖されていた死者が、和魂(祖霊)となり恩寵の対象のご先祖様に仲間入りをする日になります。

位牌になり仏壇に納骨をされお墓に入って、故人はご先祖様の仲間入りとなるのです。

遺族の気持ちも尊重してタイミングを計りましょう

お墓があっても、火葬当日や四十九日に必ず行う必要があるわけではありません

故人に長く家にいて欲しいと考え、1周忌や3回忌まで自宅で安置される方もいますし、それが間違いとはいえません。

お墓がない場合は遺骨の行き先を考える

合掌
お墓がないケースはお墓を建てるか、納骨堂などに埋蔵するかなど決めましょう。

家にずっと遺骨を置いてはいけないというという根拠は宗教的にも法的にもありません

ただ、遺骨をご自宅にずっと置いておくと、お葬式の際の悲しみをいつまでもひきずって日々を過ごしてしまうという部分もあります。

日本古来の埋葬と年忌法要という供養のやり方は、故人の浄化だけでなく、遺族の心のケアという側面もあるのです。

死別の悲しみを断ち切り遺骨をお墓に納めて、お葬式の悲しみや死の穢れを克服し、年忌法要で故人や祖霊化して、遺族の悲しみも癒していくのです。

ご自宅に置くのであれば「手元供養」という分野で仏具があるので、そういったものを活用してもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

納骨式はいつ行うのかについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP