品整理コラム

檀家を辞める手続きと費用をプロが解説!

知って納得!檀家を辞める手続きと費用を解説!

檀家を辞める手続きと費用について迷われたことはありませんか?

檀家を辞める手続きと費用は個別に変わることもありますが、一般的なやり方と相場があります。

そこでここでは檀家を辞める手続きと費用についてご紹介します!

檀家をやめるための手続きや費用について

お布施

檀家をやめるのに、檀家をやめたい理由で多いのは、

  • お布施が高い
  • お寺との相性が悪い

 
などが多いですが、他にも様々な意見があります。

檀家をやめると、お墓を失います。

お墓がなくなるので、新しくお墓を設置する必要があり、埋葬されている遺骨も移動させる必要があります。

これらすべてを、「改葬」または、「墓じまい」「廃墓」などと呼びます。

お墓に埋葬されている遺骨を、他のお墓へ移すだけだと、お寺との檀家関係は継続し、お墓を管理料金が発生するので、墓石をなくし、お墓のあった土地を更地にして、お寺へ帰さなければいけません。

これは法律で決まっていて、「墓地使用契約解除」と呼ばれます。

更地にするには費用がかかり、大体30万~50万円程度になります。

檀家関係に関連して墓地使用契約、檀徒加入契約にも入っているので、そちらも解除しましょう。

檀家をやめるときの5つの手続きと方法

お墓詣り

檀家をやめる際は、いろいろな手続きが必要です。

  1. 新しい墓地の受け入れ書の作成
  2. 今ある檀家の所蔵証明をもらう
  3. 自治体に会葬許可申請
  4. 申請後、会葬許可証をもらう
  5. 改葬許可を持参し、お寺から遺骨を引き取る

 
上記の5つの手続きが必要です。

注意点は、新しいお墓へ遺骨を移さないときには、改葬許可葬はいらないということです。

全ての手続きをする際は、役所の担当者から説明を受けながら、
進められます。

ただ、自力では無理だと思われるのであれば、行政書士に代行を依頼できます。

最後に、離檀の費用はお寺によって違うので、あらかじめ聞きましょう。

いかがでしたでしょうか?

檀家を辞める手続きと費用をご紹介してまいりましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

香典や供花でない弔意の表し方って?

お通夜への遅刻について

離檀料の相場とトラブルについて

身内の場合の忌引き休暇日数の目安について

PAGETOP