品整理コラム

花輪を使わなくなった理由

花輪がお葬式で使われなくなった理由

おくやみ
最近の葬儀では花輪を使わなくなりましたが、今回はその花輪を使わなくなった理由についてご紹介します

まず花輪は立てる場所が大切で土地と足場がある程度必要で、費用をなるべく安くしたいと考える人が多い現代ではこのような出費は痛手です。

もし花輪を置くとしても、広い土地を持っている人や豪邸でもない限り十分な設置スペースを確保するのは困難でしょう。

アパートなどに住んでいる人は近所の土地を借りて花輪を設置するスペースを用意しなければなりません。

ご近所さん総出でお葬式を行っていた昔と違い、今は花輪を用意するならほぼ自分の力だけで用意しなければならないのです。

また今は斎場を借りてお葬式を行うのが一般的ですが、斎場にも土地や設備が必要でそれらを確保する手間がかかります。

他にも花輪は転倒する危険もあったり、派手なお葬式は周辺住民から苦情につながることもあります。

このようなことが関係し、派手な宮型霊柩車と花輪は控えられています。

なるべくひっそりと葬儀をしたい

葬儀場
花輪はとても目立ちますが、昔のお葬式は目立つことが普通でした

ですが、今はひっそりとした葬儀が好まれ、そのような葬儀を願う方が多い現代で、昔のような派手目なお葬式は次第に行われなくなりました。

ご近所さんとの付き合いも希薄になり、周囲にわからないように葬儀を行うようになったのです。

葬儀の打ち合わせのときですら、葬儀の担当者に喪服以外のラフな格好で家に来るように依頼する人もいるほどです。

花輪を使わなくなった背景には、「目立ちたくない」という現代の遺族の気持ちと周辺住民の苦情が関係しているのです。

いかがでしたでしょうか?

お葬式で花輪が使われなくなった理由をご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏教(仏式)の礼拝の仕方について

家族葬のお布施の内訳の具体例

お棺に一緒に入れてよいものとダメなものとは?

花輪を使わなくなった理由

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

PAGETOP