品整理コラム

お葬式での一本花ー樒(しきみ)について

お葬式で使われる一本花とは?

しきみをお供え
一本花ー樒(しきみ)という言葉をお聞きになったことがある方は多いですが、具体的に何を一本花と呼ぶのでしょうか?

故人が亡くなって、自宅などで安置する際に枕飾りを準備します。

枕飾りには、さまざまな仏具を置きますが、花を一輪挿しでお供えすることもあります。

この枕飾りの仏具と共に供える一輪挿しの花を、

「一本花」

と呼びます。

この一本花はお釈迦様の弟子の大迦葉(だいかしょう)が花を一本だけもって、歩いてくるバラモンと会話の最中に、釈迦入滅の知らせを受けたことが由来といわれています。

樒の呼び名と特徴、準備と使用期間

樒の花

呼び名

一本花で選ばれる花は、樒(しきみ)が多く、このことから、一本花の他にも一本樒という呼び方もあります。

また、樒の次に選ばれるのは菊の花ですが、菊の花も一輪しか使用しません。

樒は仏教と深い関係があり、樒には「仏前草」という別名があります。

仏教の花のイメージは蓮華が強いですが、減法大師が日本で手に入りにくい青蓮華の代わりに、手にいれやすい樒を使用していたことも由来となっています。

特徴

樒の強い香りが特徴です。

昔は樒を供えて、消臭目的でのお香として供養具として、使用されることもありました。

納棺の際に臭気を消す目的で、樒の葉を敷くこともあります。

土葬の時代は、強い毒性をもつ樒を墓地の周りに植えることが多いヒガンバナと一緒に植えて、動物が墓を荒らされないようにする目的もありました。

準備

枕飾り一本花はあくまで枕飾りで、遺族が一般的に準備しますが、葬儀社に頼むこともできます。

一本花は、臨終後からお通夜までの間に使うもので、枕飾りと同じ期間使用します。

いかがでしたでしょうか?

一本花ー樒(しきみ)についてご紹介してまいりましたが、お葬式後の遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

お別れ花について

家族の手で作る遺影写真の作り方

多くの違いがある骨壺のサイズと寸法

お葬式後の挨拶回り

立礼焼香、座礼焼香と回し焼香のやり方・手順

PAGETOP