品整理コラム

西日本と東日本の習慣差による収骨と納骨の違い

収骨と納骨の明確な違い

骨箱

収骨と納骨の違いをご存知でしょうか?

「収める」という同じ意味のある収骨と納骨でも違いがあります。

「納める」「収める」の2つは両方とも「おさめる」と読み、何かの中にしまうという際にに使います。

ただ同じ意味の漢字でも、納骨と収骨は全く違った意味があり、その違いは、「遺骨をしまう入れ物の違い」になります。

火葬直後の遺骨をしまう入れ物は「骨壺」ですが、骨壺に遺骨を収めることを「収骨」と呼びます。

また、「納骨」はお墓にある収骨室に遺骨を安置することを指します。

「東と西で違う日本の収骨方法」

納骨

納骨の方法は、東日本と西日本で違います

東日本では一般的にすべての骨を入れますが、西日本は一部を収骨する方法を取ることが多くあります。

また、収骨の方法も火葬直後の遺骨をすべて拾う方法と、一部の遺骨を拾う方法があります。

全ての遺骨を骨壺に入れる収骨は「全収骨」と呼ばれ、基本的に東日本でもっとも採用されている収骨方法で、西日本は一部の遺骨のみを収骨する方法が多くなっています。

同じ日本でも収骨法が違うので、骨壺のサイズも東日本と西日本では違い、東日本では大体高さ25㎝、直径22㎝のものが使われます。

一方、西日本では大体高さ20㎝、直径18㎝が一般的な骨壺のサイズで、東日本よりも西日本のほうが一回りほど小さいのが特徴です。

収骨の方法は全ての地域で当てはまるわけではなく、それぞれ、収骨の際に回りの参列者に前もって聞いておくことをオススメします。

いかがでしたでしょうか?

収骨と納骨の違いをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP