品整理コラム

葬儀費用の相場と安くするコツ

葬儀費用の相場はいったいどのくらいか?そのおおまかな相場と内訳をご紹介!

葬儀費用の相場と一口にいっても、その葬儀費用に含まれる項目はいくつもあり、地域によっても相場は変わります。

まず、大きく分けて葬儀費用は3つに分かれ、その3つを合計したものが「葬儀費用」と言われるものです。

  • 葬儀一式費用
  • 寺院費用
  • 飲食費用

 
各項目をみてみましょう。

葬儀一式費用とは?

不祝儀

葬儀社が提案してくれる葬儀プランに含まれる、基本的な費用です。

  • 祭壇
  • 位牌
  • 人件費
  • 遺影写真
  • 寝台車
  • 霊柩車

 
葬儀に必要な基本セットで、葬儀社やプランによって変わります。

葬儀費用に多くかければその分、項目も増えますし、少なければ減ります。

足らないものや逆に、いらないものが出てくるケースが多いので、葬儀社の説明を聞いて、自分達の葬儀に必要な項目をしっかりカバーしたプランにしましょう。

葬儀社によっては、プラン内で不要なものがあった際に、別の必要な項目に変えてもらえるサービスがあるところもあります。

寺院費用の相場はいくらくらい?

僧侶の方へのお礼ですが、葬儀後にまとめて渡すお布施(お経料・戒名料など)や、御膳料、また招いてきて頂いた際に渡すお車代などです。

お布施は、はっきりとした金額が決まっておらず、お寺や僧侶、戒名の種類でも大きく違います。

もっとも一般的な戒名(信士・信女)で20~30万円くらいが相場です。

戒名料 目安の金額
信士(信女) 20万円~30万円
院・居士(大師) 60万円~80万円
院殿・大居士(清大師) 100万円以上
信士(信女) 20万円~30万円
院・居士(大師) 60万円~80万円
院殿・大居士(清大師) 100万円以上

飲食費の相場はどれくらい?

通夜や葬儀後の精進落としの飲食代や、香典への香典返しの費用も必要です。

飲食代は、「単価×人数」で、参列者数などで変わります。

葬儀社の一式料金に「どの料理コースで何名分」と含まれているケースもありますが、別費用になっていることもあります。

飲み物代は飲んだ本数によって、変わりやすい項目です。

葬儀社と葬儀プランの打合せの際に、少し人数を多めに見積もって相談しましょう。

全体の葬儀費用の相場はどのくらい

葬儀祭壇

葬儀費用の全国平均は約189万円です。

*財団法人日本消費者協会のアンケート調査結果
*お経・戒名・布施などの寺院費込み

ただ、単に葬儀費用といっても、火葬式なのか家族葬なのか社葬なのか、また、地域風習や慣例でも異なります。

ですので、「葬儀費用の相場はいくら」と明言するのは困難です。

例えば、下の葬儀費用総額の平均を比較すると一番高い地域が210.5万円、低い地域が134.3万円で、約76万円もの差がでるのです。

全国平均の約189万円が葬儀費用の相場というのは、あくまでも目安として考えましょう。

全国平均費用

葬儀費用一式 飲食接待費 寺院費用 葬儀費用の総額
122.2万円 33.9万円 44.6万円 188.9万円
葬儀費用一式 122.2万円
飲食接待費 33.9万円
寺院費用 44.6万円
葬儀費用の総額 188.9万円

 

葬儀費用の平均が一番高い地域・低い地域

  葬儀費用の総額平均 寺院費用の平均額 飲食接待費
高い地域 関東 210.5万円 関東 53.3万円 中部 36.3万円
低い地域 四国 134.3万円 北海道 30.8万円 近畿 10.3万円
葬儀費用の総額平均 高い地域:関東 210.5万円
低い地域:四国 134.3万円
寺院費用の平均額 高い地域:関東  53.3万円
低い地域:北海道 30.8万円
飲食接待費 高い地域:中部 36.3万円
低い地域:近畿 10.3万円

 
*参照:平成26年1月の財団法人日本消費者協会 第10回「葬儀についてのアンケート調査」

葬儀費用はすべて遺族負担ではありません

全国平均の金額が189万円と聞いて、高すぎると思った方もいると思いますが、葬儀費用は香典でほとんどカバーできることが多いです。

葬儀費用を決める際に、参列者数を概算でだして、どのくらいの金額が入るかを予想し、葬儀社とよく相談しましょう。

少しでも葬儀費用を安くするには?

民営の葬儀場をつかうとかなり高額になりますが、公営斎場をつかうとかなり安くなります。

葬儀場と火葬場が併設しているところもあるので、火葬場への行き来の時間も少なくてすむのでオススメです。

いかがでしたでしょうか?

葬儀費用の相場の詳細をご紹介してまいりましたが、少しでもご参考にしていただければ幸いです。

合わせて「急な葬儀でも慌てない!喪主がすることとお葬式のながれ」もご参考にされてください。

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

友人葬の流れとは?

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

会葬礼状はマナーに沿った書き方にする

あいさつ回りの仕方

神式の斎場祭と玉串奉奠の順番のマナー

PAGETOP