品整理コラム

夏場のお葬式の喪服は?軽装は大丈夫?

夏場のお葬式の喪服のマナーを知ろう!

夏の葬式

夏場のお葬式の喪服のマナーと言われても、葬儀に参加した経験が多い方でないとよくわからなかったりしますよね。

お葬式のお知らせは季節昼夜問わずいつくるかわかりません。

昼夜の温度差が大きかったり、日中の温度が高い夏場は亡くなる方が多くなる季節ですが、季節は関係なくお葬式では喪服を着なければなりません。

真っ黒な喪服は紫外線や熱を吸収しやすく普段着より暑さを感じてしまいますが、暑苦しいからと服装を勝手に決められません。

最近では夏場はクールビズが会社で採用されているところも多いので、「夏場のお葬式もクールビズでよいのでは?」と思う方も多くいます。

お葬式の服装のマナーを知らず、「白い半そでシャツに、黒いネクタイを締めていれば参列できる」と勘違いしている方も多いのです。

お葬式ではどれだけ暑い夏場でも、男性は黒のスーツに黒ネクタイがマナーで、ジャケットは必ず羽織りましょう。

女性の礼服はノースリーブのものや半そでのワンピースもありますが、そういった露出が多い礼服を着用する際は、上にジャケットを羽織るのがマナーです。

またストッキングは夏場でも必ず黒にし、シンプルなパンプスをはきます。

夏場でも必ずジャケット

手を合わせる

夏場での軽装がNGなお葬式ですが、暑い中お葬式に辛抱して参列するのは大変なので、少しでも涼しくなるよう対策をしましょう。

黒の礼服は紫外線や熱を吸収しやすく熱がこもるので、熱を吸収しにくい生地の喪服や夏用の喪服などを選ぶと通常の礼服より快適にすごせます。

季節をを考えて夏用と冬用の2着を準備しておくとよいです

お葬式ではジャケットを羽織りますが中は半袖でも大丈夫なので、式場まではジャケットを脱いで、式場付近で羽織ってもよいです。

お葬式は故人の冥福を祈る義ですので、暑くても寒くてもマナーはしっかり守りましょう。

自分の過ごしやすさを優先してマナー違反な服装で参列すると、「故人を尊重する気持ち」を台無しにしてしまうのです。

いかがでしたでしょうか?

夏場のお葬式の喪服のマナーについてご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP