品整理コラム

結婚式とお葬式はどちらを優先すべきか

結婚式とお葬式が同日の場合どちらを優先するか

結婚式とお葬式が同じ日に重なってしまったら、どちらを優先すべきか悩んでしまいますよね

結婚式とお葬式が不運にも不運にも同時になってしまうことは、ないようでよくあります。

ここではそんな結婚式とお葬式が重なったときにどちらを優先すべきかお伝えします。

結婚式とお葬式どちらを優先すべき?

線香
結婚式当日にお葬式がある場合、結論から言うと、「常識的にはお葬式を優先」しましょう。

考え方は、お葬式はその人の人生最後のお別れですが、結婚式はこの先も人生がある、というところにあるようです。

こういった際は、まず結婚式へ招待していただいた方へ連絡し、本人に直接お詫びの気持ちと、結婚を祝福する気持ちを伝えましょう。

始めに電話をしますが、電話がつながらない場合はメールをし、日を開けずに再度電話します。

結婚式に参加できないことを電話で伝える際は、相手とあなたとの関係を考えて言葉を選びましょう。

関係が深い友人なら、「身内の不幸事で」と軽く言えますが、関係が遠いのであれば、「身内でよんどころない事情ができ、参加することができません」などと言葉を選びます。

突然の欠席でも言葉を選んで伝えることが大切

ふくさと数珠
結婚式はお祝いごとなので、お葬式などの不幸な話を避けるたり、縁起を気にする人も多いので言葉を慎重に選びましょう。

後でお祝いを贈る際は、「喪中」は避けて四十九日の後に、事情の添えてお祝いを贈りましょう。

その時、出席予定だった場合のご祝儀は結婚式当日と同じ額か、関係性に応じた額にします。

当日に葬儀があることがわかって、突然参加が無理という場合は新郎新婦に連絡がつかないことが多いので、そういった際は会場へ連絡し、担当者や間違いなく言伝できる人に伝言を頼みましょう。

会場への連絡は「本日○○様の結婚式へ参加する予定でしたが、急用にて出席が不可能になりました」と伝えるよいです。

いかがでしたでしょうか?

結婚式とお葬式が重なった際にどちらを優先すべきかをご紹介してまいりましたが、遺品整理や老前整理、生前整理のご相談、ご質問がございましたら、遺品ライクまでお気軽にお問合せください!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

 

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

「終活」で人生の終わりに向けて充実した毎日を過ごす

お通夜に出席したい、弔電を送りたい、葬儀後に焼香に行きたい時の注意点

お葬式の迷信と生まれた理由

納骨式はいつするの?

御仏前と御霊前の違いーその考え方を知る

PAGETOP