品整理コラム

どうしても置けない!困ったときの仏壇の処分方法3つ

仏壇の処分にお困りではないですか?3つの処分法をご紹介します!

仏壇を処分したくなった時、その仏壇をどう処分すれば良いか、迷われる方が多いと思います。

「仏壇をどうに考えているか」で変わりますが、ここでは3つの処分法をご紹介いたします!

仏壇が信仰の対象の場合

仏壇の処分を進める前に、開眼法要(魂入れ)が行われているか確認しましょう。これを行わないと、故人の魂を納めたまま処分することになるからです。

開眼供養は、最寄りのお寺に依頼できますが、仏壇店で開眼供養から処分まで行ってくれるところもあります。

こちらで、遺品供養(お焚き上げ)の詳細をご紹介していますので、ご参考にされて下さい。

仏壇を処分する方法

仏壇手合せ
閉眼供養を終えたら、仏壇を処分することができます。

処分方法としては、

  1. お寺
  2. 仏具店

 
に引取してもらう方法があります。

菩提寺があるのであれば、閉眼供養をした後、そのまま引取してもらえるお寺もあります。

仏具店では、多くの場合、仏壇の処分引き取りを行っています。閉眼供養から処分まで全て行ってくれるところもあります。

仏壇を粗大ゴミとして処分する

仏壇を処分する方法の3つ目として、粗大ゴミとして処分もあります。
「仏壇が信仰対象でない場合」は、先のステップを省いて、最初からこの処分法に入ります。

仏壇が信仰対象でも、閉眼供養を行った仏壇は、宗教上は「木の箱」といえる状態なので、粗大ゴミとして出して問題ありません。

処分料は、

  • 自治体
  • 仏壇の大きさ

 
で変わります。小さいサイズの仏壇なら、自分で解体して燃えるゴミとして出しても大丈夫です。

それぞれの各処分方法の料金目安

これまでご紹介した仏壇の処分方法のそれぞれの、料金相場やメリット・デメリットをみてみましょう。

処分先 料金相場 メリット デメリット
①菩提寺 原則有料。
宗派や檀家で違うので、菩提寺に要確認。
閉眼供養後、引取りしてもらえるケースがあるので手間がかからない。 費用が菩提寺によって違うので要確認。
②仏具店 17,000~85,000円
(大きさで変動)
※仏具店に持参する場合は無料
1.大きな仏壇でも搬出可能。
2.宗派による制約がない。
費用が比較的高い。
③粗大ごみ 500円~2,000円位
(大きさで変動)
・費用が安い。
1.安い。
2.自分で解体して燃えるゴミで破棄すれば無料
収集可能か事前に要確認。
  • なるべく安く仏壇を処分したい:粗大ゴミ
  • 手間をかけたくない:仏具店

 
で仏壇を処分するとよいでしょう。

仏壇を処分する時に注意するポイント!

仏壇の中
仏壇の中に残された物がないか確認しましょう。

位牌や遺影、引き出しの中身までしっかり確認します。家系図や過去帳などが忘れて入ったままになっているケースも多くあります。

いかがでしょうか?仏壇の処分法をご紹介してまいりました。少しでもご参考にしていただけると幸いです!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

孤独と戦い、孤独に生きた人生、孤独死を感じてしまう部屋の共通点

遺品回収で後悔しないために!大阪で優良業者を見分けるポイント

表書きの「御供」・「御霊前/御沸前」・「御香典」の違いや使い分けを解説

年末の大掃除で遺品整理も終わらせよう!はかどるコツと順番

遺品整理をどこに頼むか悩んだら…大阪の平均費用を比較してみた!

PAGETOP