品整理コラム

  • HOME
  • 遺品整理コラム
  • 相続税より贈与税がお得!5つのパターン別ぴったり節税方法

相続税より贈与税がお得!5つのパターン別ぴったり節税方法

相続税より贈与税の方がなぜお得なのか?5つをパターン別にご紹介!

「相続税と贈与税のどちらが得か?」いうのはよくでる質問です。答えから言うと、「贈与税がお得」となります。

なぜ、相続税より贈与税の方が得なのか。ここでは、5つのパターンで贈与税の節税対策をわかりやすくご紹介していきます!

1.基礎控除の110万円を活用して贈与税を節税

贈与税は一人が、「1月1日~12月31日の間に取得した取得財産合計 - 110万円(基礎控除額)」の残額にかかります。つまり、1年で取得した財産の合計額が「110万円以下なら贈与税はなし」で、申告自体もいりません。

110万円の基礎控除は贈与を受ける人ごとに認める形で、例えば、2人の子供に110万円ずつ5年間毎年贈与→1,100万が無税で贈与可能となります。

2.配偶者控除で贈与税を節税

配偶者間で贈与
贈与税の配偶者控除とは、

  • 夫から妻
  • 妻から夫

といった、「夫婦の間で居住用の不動産を購入」もしくは、「それに必要な建築資金を贈与」は、2000万円までは贈与税がかからないという特例です。

実際は、先程の基礎控除の110万円があるので、

「2,110万円まで非課税で配偶者に贈与できる」

となります。

*同一の配偶者間で、一生に一回のみ適用可

3.相続時精算課税制度を活用して贈与税を節税

生前に2,500万円まで贈与しても贈与税がかからない特別控除額を相続時精算課税制度といいます。「2,500万円まで贈与税なしで子供に贈与可能」なのです。

いくつか条件がありますが、相続時精算課税を利用するメリットがあるのは簡単に言うと、

・将来、相続税が発生しないと思われる家庭
・今の段階で財産が多く欲しい

といった場合になります。

4.住宅取得資金贈与を活用して贈与税を節税

最大で、1,200万円までの住宅取得等資金贈与にかかる贈与税が非課税となる制度です。

冒頭の基礎控除額110万円を足すと、「合計1,310万円まで贈与税が非課税」になります。

適用対象者

・父母
・祖父母(直系尊属)

からの贈与の場合で、対象は「贈与する年の1月1日に20歳以上の子や孫」に限られます。

適用要件

平成33年12月31日までに契約した取得住宅。

5.教育資金の贈与を活用して贈与税を節税

教育資金の贈与
平成25年4月から始まった、「祖父母からの教育資金の一括贈与にかかる贈与税の非課税制度」

は、「子供一人につき1,500万円までの贈与が非課税になる制度」です。

*子供が30歳までに贈与額を使いきれなかった場合、残額に贈与税が課税されます。

対象になる教育費は、

  • 学校
  • 学校以外

の2つに区分されます。

学校教育費

  • 学校に直接支払うもの
  • 教材
  • 制服

なども対象になります。習い事などの費用は、指導者に直接支払うものだけが対象です。

いかがでしたでしょうか?相続税より贈与税が良い例を5パターンご紹介してまいりました。

各制度に、それぞれ細かな条件などがありますので、実際に適用をお考えでしたら、プロに依頼するのが一番と言えます。

少しでもご参考にしていただけると幸いです!

遺品買取は遺品ライクまで

遺品買取は遺品ライク

遺品整理後に出てくる「ご供養しないがゴミとして捨てられないもの」を、買取サービスとして引き取りを行っています。

不用品に見えても、実は価値があるものなど、専門の担当者が確認させていただき、きちんとお見積金額をお伝えします。

家具、骨董品、ジュエリー、電化製品など、商材を問わず気になるものがありましたら一度お声がけください。

もちろんお見積だけでも無料で行います。

お見積り・お問合せ

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /ライくん

遺品整理・生前整理ライクの業務をいつも見守るオリジナルキャラクターの「ライくん」。
遺品整理のアドバイスや、よりよい人生を送るための生前整理・老前整理のお話、大掃除や断捨離、ゴミの処分方法など、わかりやすく役立つコラムをお届けしています。

おすすめの記事

仏教(仏式)の礼拝の仕方について

家族葬のお布施の内訳の具体例

お棺に一緒に入れてよいものとダメなものとは?

花輪を使わなくなった理由

直葬(火葬式)でも納骨することができるやり方を知ろう!

PAGETOP